[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編_第六話 変化(その5)
 翌日。
 ドスッと言う鈍い音が廊下で響き、槙人は自室から顔を覗かせた。

「・・・綾華っ!」

 廊下に綾華が倒れていた。

「お・・・お兄ちゃん」

 駆け寄って抱き起こすと、蒼ざめた顔で綾華は弱々しく笑った。

「・・・よっと」

 すっと抱き上げ、槙人は部屋に運んだ。意識はあるので、慌てることはなかった。

「ゴメン、ね?」

 ベッドに寝かせると、綾香の表情は少しやわらいだ。

「もう慣れた」
「慣れちゃ・・・まずいよね」

 綾華の面倒を見るのは、この数日で何もするようになってしまっていた。

「ふう−・・・」

 いつも通り、綾華の椅子に腰をかけてから槙人は深い溜め息をついた。

「どうしたの?」

 綾華が寝たまま尋ねる。

「いや・・・何もできなくて、情けないと思ってさ・・・」

 槙人は苦笑いした。
 既に分かっているとはいえ、手も足も出ないこの状況は、生殺しに近かった。
 綾華のためにできることがあるなら、身をなげうってでもしてやりたかった。

「・・・仕方ないよ」

 天井に目線を動かして綾華は言う。

「それは・・・そうなんだが」
「私はね」

 綾華が続ける。

「確かに苦しいけどでも嬉しいの。前よりもはっきりお兄ちゃんの優しさが伝わってくる
から・・・」

 そしてにっこりと笑って見せた。

「そう言ってくれると嬉しいけど・・・」

 それでもそれは気休めでしかない。綾華の以上に対して、根本的に何かしている訳ではないのだ。

「ねえお兄ちゃん」
「ん?」
「二重人格って・・信じる?」
「二重人格?」
「あの・・・夢遊病・・・のこと」
「・・・そうなのか?」
「ううん。そう思っただけ。そうも考えられるかなって」

 槙人は腕組みをした。
 分からないでもない。綾華の記憶が突然切れたのが、人格の入れ替わりだとするなら、説明は可能だ。そしてその正体が銀色の右眼だとすれば。

「・・・事例があるから否定はしないが・・・。お前にあるとは思わないな」

 例え、事実で存在していたとしても、槙人はそう信じたかった。

「そうだよね・・・」

 自分で言ったことにくすくすと綾華は笑う。

「でもね・・・。自分の記憶がないって、本当に怖いの。その時自分は何してたのかって・・・」

二重人格の有無に拘わらず、その時は本当に、自分以外の誰かが自分を動かしていたから。

「そっか・・・」

 槙人は綾華の頬を撫でた。
 と、綾華がその手を取り、人差し指を咥える。

「あ、綾華!?」

 驚いて、反射的に槙人は手を引っ込めた。

「えへへ、もう一回温めて欲しいな、お兄ちゃん」

 頬を染めて綾華は突然にとんでもないことを口にする。
 その言葉を一瞬で理解した槙人は、思わず赤面した。

「お、お前!こんな時に・・・!」
「こんな時だから・・・」

 槙人の言葉を綾華が遮る。

「不安で仕方がないから、今お兄ちゃんを感じたいの。もしかしたら、明日にも・・・そんな事もできなくなってしまうから」
一人は言え。目がそう言っていた。

「・・・バカ」

 それだけ言って、槙人は綾華にキスをする。
 槙人も同じ気持ちだった。もし、もう何もできなくなってしまうなら、今、できる限り綾華を愛しておきたかった。
 槙人はベッドにもぐり込んだ。

 見えない迷宮の、いつか辿り着ける出口を信じて。


[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!