[通常モード] [URL送信]
75-2 ELSENA 第一話 不思議な同居人(その2)
 翌日。身体に異常な重圧感を感じ、ディーンは目を覚ました。
 
「う…………?おわっ!?」

 なんと目の前いっぱいに、逆さまになった少女の顔があった。驚いてそこをどこうと思ったが、身体が動かない。もがこうとしたところでディーンは、その少女がエルセナであることに気付いた。そして同時に、ベッドに寝かせたはずのエルセナが、床で寝ているディーンの身体の上に、仰向けになって眠っている事が分かった。どうやらベッドから転げ落ち、そのままディーンの上まで寝返りをしながら来たらしい。凄まじい寝相だ。
 ディーンは何とか身体を起こすと、あどけない、というよりも間抜けな寝顔をしているエルセナを、そっと抱き上げた。そして、もう一度ベッドの上に寝かせた。
 久々に床で寝たのと、エルセナの圧迫のせいで、体中がズキズキと痛んだ。
一旦身体をほぐすと、ディーンは朝食の支度を始めた。いつもより少し早いが、寝直すには時間が足りなかった。
 二人分の食事を作るのも久し振りだが、別に苦ではない。ディーンは料理は好きだった。
一人暮らしなので自然と上手くなるものだが、そういう過程が好きだった。
 朝食ができたので、エルセナを起こすことにした。またしてもベッドから転落していたエルセナを揺り起こす。

「エルセナ、エルセナ。朝だよ」
「んー…………?」

 眠たげな顔をして、エルセナは起き上がった。
 
「ほら起きて。もう朝ご飯作っちゃったから」
「うー…………眠い……」

 そのままベッドに倒れ込もうとするエルセナを押さえ、洗面所で顔を洗わせた。しばらくパシャパシャやっていたエルセナは、やがてすっきりした顔を上げた。

「ぷー…………」
「目、覚めた?」
「だいぶ」

 にこっと笑って、エルセナは顔を拭く。
 
「おいしそうな匂い〜」

 エルセナはリズミカルに身体を揺すって、ダイニングへと向かう。ディーンもそれについていった。

「これ、ディーンが作ったの?」
「うん。気に入ってくれると嬉しいけど」

 エルセナは、まだ湯気の立つ朝食に口をつけた。そしてすぐに感想を言う。
 
「おいしー!」
「はは。ありがとう」

 ディーンも座って食べ始めた。
 二人で食べる食事は、一人の時よりも楽しい。会話をすること。笑い合うこと。そして何より、人といること。それだけで、普段よりもおいしく感じられる。古代より続いてきた人とのつながりは、今も存在し、そしてこれからも永久に続いていくのだろう。感慨深く思って、ディーンは朝食をとった。
 それが終わると、ディーンは仕事に出る。『エルセナ』の行政は、一から二〇までの小区域に分けられ、中央の管理センターがそれぞれを管理している。ディーンは、その管理者の一人だ。昨日のブラックアウトの件もあり、山のような報告書が寄せられていることだろう。自分の想像にうんざりしながら、ディーンは外に出た。

「どこいくの?ディーン」

 そのあとを、エルセナがついてくる。
 
「仕事だよ。悪いけど、留守番していてくれないかな?」
「んー……家にいなきゃ駄目?」
「別にいいけど……迷子にならないかな」
「大丈夫だよ。そんなに遠くには行かないから」

 まかせて、といった風に、エルセナはどん、と自分の胸を叩いた。
 
「ま、それならいいかな。でも気をつけてね」
「うん!いってらっしゃい」
「いってきます」

 いつもと違う、ほのぼのとした気分で、ディーンはセンターへと向かった。
しかし、それは間違いであった。
 ディーンは、エルセナを一人にするべきではなかったのだ。

 センターは大混乱だった。
 停電により、各地に甚大な被害が出ていた。ほとんどの機関は停滞し、ライフラインは動かなくなり、住人も管理者もその対応に大慌てのようだった。昨夜からの残業組は不眠不休らしく、皆顔色が悪かった。彼らと仕事を交代し、ディーンは予想通りの報告を処理し始めた。
 今までこれほど大変なことはなかった。潰しても潰しても、次から次へと仕事が来る。
やっつけ仕事にする訳にもいかないので、全くキリがなかった。
 昼休みにはようやく一段落ついた、といったところだが、まだ油断はできない。しかし、ディーンは休憩のために、一時自分の机を離れた。コーヒーを入れ、廊下でくつろぐ。
 しばらくぼうっとしていると、階段の上から何やら騒ぎ声が聞こえてきた。
 
「うわー!データが消えてるー!」
「ちょっと待って、誰こんな指示出したの!」
「ウイルスだー!」

 一つ上の階は、第一五地区担当だ。何か余計なハプニングが起きているようだ。
 なんとなく嫌な予感がして、ディーンは部署に戻った。
 
「うわ、何じゃこりゃ!」
「ウソ……壊れた……」

 被害は拡大中らしい。ディーンは急いで自分の机に戻った。
 自分のは何とか無事らしいが、ゆったりしている暇はなさそうだ。コーヒーを机に置き、ディーンは新しく来た報告と、その他の原因不明のトラブルを処理しにかかった。途絶えることなく、迅速且つ的確にキーを押し、敵をやっつける。だが、敵の勢いはそれを上回っているようだ。

「ディーン!そっち終わったら手伝ってくれ!」
「こっちもお願い!」
「りょーかーい!ちょっと待ってて、今行く!」

 ディーンは管理者の内でも有能な方だと見なされているので、他人からヘルプを頼まれる事は多かった。元々人当たりのいい性格なので、周りも好意的に見てくれている。
 ディーンは、現時点での自分の仕事を全て片づけると、呼ばれたところに助っ人に行っ
た。そして、見とれられるほどのスピードでそこも処理していく。

「おい、ディーン・ユーリオっているか?」

 一人目を終え、二人目の手伝いをしていると、一人の男が部屋に入ってきた。
 
「僕ですけど、何か?」

 一旦作業を止め、顔を上げる。
 
「面会人だ」
「面会人?誰です?」
「名前……すまん。聞き忘れた。でも女の子だよ。一階のロビーだ」
「はあ、どうも……」

 ちょっと行ってくる、と断って、ディーンは部屋を出た。エレベータを使って一階まで降りる。女の子と言われても、心当たりはなかった。
 しかし、ロビーのソファーに座っているその女の子を見て、ディーンは驚いた。何故彼女がここにいるのか。

「エルセナ!」
「あ、ディーン」

 名前を呼ばれて、エルセナは立ち上がった。ぱたぱたとディーンに駆け寄ってくる。
 
「どうしてここに?それに何で僕がここにいるって分かったの?」

 行き先は教えていないし、多少距離もある。歩いて来たのだろうが、何故わざわざ管理センターに入ったのか。

「……はて?そういえば何でだろ?」

 エルセナは頭に手を置き、考える仕草をする。しばらくうんうん唸っていたが、やがて何か閃いたのか、ぱっと顔を上げた。

「えっとね、ディーンがここにいると思ったから」
「……超能力者か、君は」

 にこにこと笑うエルセナに対し、ディーンはげんなりした顔をする。全く答えになっていない。

「ま、いいや。でも僕まだ仕事残ってるから、もう少し待っててくれるかな?」
「うー……待ってるの嫌い」

 不満そうにエルセナは言う。今も、退屈で外を歩き回っていたのだろう。
 
「でもそうして欲しいんだ。今すごくごたごたしてるからね」
「うん、そうみたいだね。さっき見てきたけど」

 その言葉に、ディーンは一瞬固まった。
 
「見てきたって、まさか……何かいじったりしなかった?」

 なるべく平静を装って、ディーンはエルセナに尋ねた。
 
「ほえ?ううん。六階とか七階とかにあった機械ちょっと触っただけだよ?」

 それをいじったって言うんだよ、という言葉を何とか飲み込み、ディーンはエルセナに笑いかけた。

「……分かった。とにかくじっとしてて。余計な物には触らないでね。すぐ戻ってくるから、そしたら昼ご飯食べに行こう」
「うん」

 エルセナは何も知らないに違いない。自分がセンターのパニックを大きくしてしまったことを。恐らくエルセナは、訳も分からずビル内をうろつき、コンピューターを壊しまわって、そうこうしているうちに保護されたのだろう。
 フロントにエルセナの相手をしてもらうよう頼み、ディーンは自分の部署に戻った。
 ディーンが一階にいる間にまたしてもコンピューターがいくつか壊れたらしく、現場は更に混乱していた。
(破壊魔か、あの子は)
 ディーンはがっくり肩を落として、自分のデスクに就いた。
 

 エルセナと昼食をとり、エルセナを無理矢理家に帰したディーンは、一九時頃になってようやく仕事から解放された。
 あと三日ほど過ごせば、当面は大丈夫なはずだ。事後処理にはもっと時間がかかるだろうが、今日一日でだいぶ片づいたので、ディーンは安心していた。
 帰り際、一応警察に立ち寄ったが、捜索願は古い物しかなかった。もっともディーンは、センターにいる間に調べていたので、寄る必要は最初からなかったのだが。

「ただいま」

 と自宅のドアを開けたところで、突然襲いかかってきた異臭に、ディーンは顔をしかめた。すぐにかがみ込んで、その空気を肺から追い出す。

「あ、おかえり……」

 ディーンが顔を背けて咳込んでいると、中から、顔を真っ黒にしたエルセナが、困った表情で出てきた。

「エルセナ……これは、何?」

 硫化水素の匂いに、アンモニアの刺激臭を加えたような強烈な気体。ディーンは口と鼻に手を当てて尋ねた。

「えっと……ごはん、作ってたんだけど……」

 ひきつった笑顔でエルセナは答える。ディーンは目眩がした。普通の食材をどう料理すれば、こんな殺人的な臭いを作り出せるのだろう。
 口と鼻を押さえたまま、エルセナに窓を開けてきてくれるように頼んだ。エルセナはこの臭いは平気なのか、すぐに中に戻った。不吉な空気が抜けていく間、ディーンはドアの前でしゃがんで待っていた。頃合いを見計らって中に入る。
 荷物を置いたディーンは、まずキッチンに向かった。そこはまるで、四次元亜空間のようになっていた。

「……エルセナ」
「何?」
「……無理しないでね」

 スポンジに洗剤をつけ、ディーンはまず汚れた壁やコンロを掃除していった。
 
「ディーン、何か手伝う?」

 後ろでエルセナが訊いてくる。
 
「じゃあ、座って待ってて」

 トラブルメーカーに何かさせるのは非常に危険なので、ディーンはそう即答しておいた。
これ以上面倒を起こされるのは勘弁して欲しかった。
 汚れを落とし、きれいにしていく。鍋もひどいことになっており、またダイニングにも被害は及んでいた。それらも落とし、悪臭を消すまでに、たっぷり二時間はかかった。その間エルセナには、自分についていたススを落としてもらった。

「はぁ…………」

 最後に手を洗い、ディーンは椅子にへたり込んだ。昨日今日と異様に疲れた気がする。
 
「……ごめんなさい」

 その様子を見て、消え入るような声でエルセナが言った。
 
「何が?」
「……余計なこと、しちゃって……」

 うなだれたまま、エルセナは呟くように謝る。ディーンは失笑した。
 
「いいよいいよ。お腹空いてたんだよね?」
「あぅ……そ、そうじゃなくて、ディーン、帰ってくるの遅いかもしれないから、だから……」
 あたふたして弁解し、エルセナはますます縮こまる。
「そっか……ありがとう、わざわざ」
「あうぅ……」
「でも作ったことないなら、無理しなくていいよ」
「う、うん……」
「でも、そうだね。僕はいつもこのくらいに帰るから、簡単に作れるやつなら僕が教えるよ」
「ほんと!?」

 ディーンがそう言うと、途端にエルセナはぱっと明るい顔になった。
 しかしその明るさは、エルセナの腹の音の大きさと反比例して小さくなった。
 
「はははは。じゃあもう遅いし、早速作ろうか」
「う、うん……」

 申し訳なさそうなエルセナの頭を撫で、ディーンは立ち上がった。今ので、疲れはほとんど吹き飛んでしまった。

「それじゃあ、何にしようかね……」

 ディーンは、何とか無事だった冷蔵庫を開け、材料を物色し始めた。
 
(第一話終わり)


[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!