[通常モード] [URL送信]
Zephyr プロローグ&第一話(その4)
「……?あ、ううん、何でもない。知り合いにそういう人がいたから、ちょっと」

 翳りを隠すように、成羽は笑顔を作った。動揺しているのが怪しいが、結城は追求するのはやめた。

「と、ところで川本さん。三好にはどのくらいいるつもりなんですか?」

 成羽が話題を変える。結城は頭に手を当てた。
 
「うーん……予定はないんだよな。このままここでダラダラするのも有りだし、他の所に行くのも面倒だしなあ」
「ふーん。それなら、一週間くらいここにいません?来週、ここで春祭りやりますから」
「春祭り?」
「はい。町内会で飲んだり食べたり。屋台なんて無いですけど、楽しいですよ。ね、絣」
「うん」
「……そうなのか。じゃあそうするかな」

 その後のことはその時考えることにして、結城は頷いた。
 
「丁度桜が咲く時期に重なってるので、夜桜見物にもなりますよ」

 微笑んで絣が言う。成羽は、むしろそっちが主体だけどね、と笑った。
 結城はそうなのか、と呟いた。そういえば、所々桜があった気がする。昨日は夕陽のせいでその色が分からなかったのだろう。

「……でも一ヶ月休みって、普通そんなに貰えるものなんですか?」

 会話が一段落したところで、絣が口を開いた。
 
「うん、確かに。春休みにしては長いよね」

 成羽も力強く頷く。
 
「今までが今までだったからな。平日は残業有り、土曜は普通出勤、日曜も隔週で夕方出勤だ。それを約二年。一ヶ月でも短いくらいだ」

 結城は苦笑いして説明した。成羽はうわ、と声を漏らした。絣は眉をひそめている。
 
「だからやっぱり学生ってのはいいよ。暇があるからな。二人は、高校生か?」
「はい、私はそうです」
「高二、今年高三だよね」

 絣の返答に、成羽が付け加えた。
 
「成羽は?」
「あたしはフリーター。学生以上に暇ですよ」

 親指を立てて、成羽は笑う。
 
「じゃあ絣ちゃんは今春休みか。で、受験生……」
「あ、いえ。就職です。うち両親いないので」
「え……」

 しまった、と結城は思った。成り行きで、知らなかったとはいえ。
 
「悪い!」

 結城は勢いよく頭を下げた。しかし絣は困ったような笑顔を作るだけだった。
 
「いえ、いいですよ。五年も前のことですし。それに、今は成羽がいてくれますから」

 絣は胸の前ではたはたと手を振る。それでも申し訳なく、結城はすまなさそうに顔を上げた。
 そこで、ふと疑問に思う。
 
「今は、って?」

 外から来るのが珍しい三好なら、全員が三好の生まれであって、そういった言葉を聞くことはないはずだ。絣か成羽のどちらかが外から来たということだろうか。

「二年前に成羽がここに来て、一緒に住むことになったんです」
「そ。ここが気に入っちゃって。今は絣の家に居候してまーす」
「……そうなのか」

 結城は、成羽が夕食時にどうのと言っていたのを思い出した。二人が一緒に暮らしているのなら、そういうことも当然あるだろう。

「じゃあ、成羽って前はどこに住んでたんだ?」

 三好の外から来て、現在絣の家に居候中ならば、それまで住んでいた家があるはずだ。
それだけでなく、肉親やその他の人間関係も。二年間も三好にいるということは、それらを全て絶っているということではないだろうか。

「ヒ・ミ・ツ。へへー」

 しかし成羽は、人差し指を口に当てて悪戯っぽく笑っただけだった。結城は潔く諦めて、溜め息をついた。

「そういえばさ、絣。あたしと絣が会ったのも、天宮(てんぐう)神社じゃなかった?」

 突然思い出したように、成羽は絣の方を向く。
 
「あ……うん、そうだね」

 絣も、意外と言った表情で頷く。
 
「なーんか、すっごい偶然ね。よし!それじゃあ今度はあたし達三人が出会った記念ということで、いっちょ神社まで行ってみよっか!」

 ぱん、と手を叩いて、成羽が提案する。神社に行く、ということで、絣も快く承諾した。
 
「さ、行きましょ、川本さん」

 二人は石段に向かって歩き出した。しかし、何が何だか分からないまま話が進んでしまい、取り残された結城は、慌てて二人を呼び止める。

「ち、ちょっと待ってくれ!俺は今脚がすごい筋肉痛で……!」
「登れば治ります!!」

 振り返ると同時に、絣と成羽は声を揃えて断言した。全く根拠のない理論に結城は硬直する。しかしその背中を、回り込んだ成羽が有無を言わさず押していく。
 脚と口から悲鳴をあげて、結城はその段数過多な、神様への道を登らされていった。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!