[携帯モード] [URL送信]

マオユウ
14


そして無意識に苦く苦く笑いながら、凪いだ目で言葉を紡ぐ

「(帰したい、かえしたかったんだ、私は 帰れ、…ゲホッ!、カッ…帰ッれ、そうに…無いから、な)」


乾いた喉が悲鳴を上げ無理に声を荒げたせいで噎せて聞き取りにくいそれに嘘はなかった。


勇者の言葉に男は漸く頷き、そっと卵に手を伸ばす

服をより分け、そっと肌に触れるとぴくんと彼女は身を堅くした。




[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!