[携帯モード] [URL送信]

ザ・時雨さんが運営中。
四つ目の話題。【DRRR!!】
「ねえ、セルティ」

『?なんだ新羅』

「ここってどこなんだろうね」

っふっふふふふっふう…気付かないかい?

「何この気持ち悪い笑い声」

!!?それから!?

『…まさかその声、時雨か?』

ぴんぽーん!当たりっす!今回はおいころって間違えられなかった!!いやいやいや、ありがとうセルティ!!!

「ああ、製造者」

いえっす!このサイト、そしてこの実物化したチャットルームの製造者です!!!

「内容は意味不明なんだけどね。きっと、バカなんだよ」

!!?意味不明!?いや、当たってるけどね!?結構の破壊力持ってるから止めて!?ね!?ね!?

『落ち着け落ち着け』

「それより、なんで僕たちがこのチャットルームに居るんだい?」

ああ、うちが引きずり込みました。

「せっかくセルティとラブラ…ブッ!!!」

『人前で恥ずかしい事を言うな!!バカ新羅!!!』

いやあ…幸せで何より…正沙と同じくらい好きだよ…新セル…LOVE!と、いうわけで!今回は新セルでっす!!

「…で、今までにどれほどの人を引きずりこんだの?」

えーっと、帝人と正臣と、ろっちーとドタチンと臨也!で、新セル!

『まだ少ないんだな…』

まあ、うちも受験生だからね

「いや、勉強しなよ」

いや〜やる気が起こらないんだよね、これが

「高校受かるのこの子」

がんばってるよ!あ、でも先日あった実力死んだ

『だ、大丈夫なのか…?』

社会は結構、いや、だいぶ頑張ったよ!

「社会だけじゃ将来生きていけないよ」

分かってますよ!!でも理科は…

「え?何か言った?」

あれ…なんか新羅が黒い…どす黒い…理系はナメちゃいけないことが今わかった

『落ち着け新羅。』

今さ、某笑顔動画の新セル似の「ローリンガール」聞いてるんだけどさ!二人ともかっこいいよね!!!セルティ英語ってすごいね!サスガアイルランドの妖精!!

『…まあ、歌ってるのはPDAなんだけどな』

関係無い!!あの声がセルティだよ!!
んでんで新羅もかっこいい!!イケメンボイス!!

「君に言われても嬉しくないよ」

ひでえ!!今うちの心にぐさっ!ってボールペン刺さった!!!

「威力小さくない?」

いやいや!結構きついんだぜ!!帝人ボールペン!

『規模小さいな…』

「まあ、誰も君に褒められても嬉しくないと思うよ?」

なんかムカつくんだけどもこの変態メガふっ!!

「え?何か言った?」

…なんでもありません。つかいてえっす…女子にグーって…

「え?君女の子だっけ?ていうか人間?」

!!?

『!?もしかして時雨は宇宙人なのか!ガクガク((°Д°))』

いや違う!!人間!!地球人!!ジャパニーズ!!ジャッポネーゼ!!

「うわ、英語とイタリア語出してきた。とりあえず君は死ねばいいと思うよ。」

ちょちょちょちょちょ…待て待て。新羅サン?やけに黒いのは何故でしょうか?

「気のせいじゃない?ってそろそろ帰りたいんだけど。」

ちょおおおおい!!待て待て!!ちょ、ホント待って!!

「セルティ、ここの壁薄いからここから出れるんじゃないかい?」

『よし、どいてろよ新羅。危ないからな』

う゛ぉおおおおおおおおい!!?ちょ、止めて!?ココ一応チャットルーム!!何の変哲もない、ちゃぶ台とティ○ァールしかない、せんまい部屋だけども!!今回調子悪くて○○さんが入室しますた!!表示ないけども!!!

「長い、長いよくだりが。で、今某暗殺部隊の方の叫び声が聞こえたんだけど。」

気のせいっすよ。てかそろそろ疲れたね…うちのココロが。ブロークンハート寸前だよ。

「いや、知らないけどさ。そんな裏事情。」

と、いうわけでそろそろ終わろうかな。思えばシズちゃん出てないな…

『またしても被害者が…』

じゃあうち加害者!?

『「うん」』

……最後の最後まで酷いね君たち…





[ばっく!]

4/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!