[携帯モード] [URL送信]

ザ・時雨さんが運営中。
一つ目の話題。(正臣&帝人)
――紀田君が入室しますた!

「どーもー!紀田正臣でっす!って何だよここ…」

やあやあ、紀田君!いらっしゃい!ちなみにここは実物化したチャットルームなり。

「ま、まさか…お前は…!」

いえっす!

「おいころ…!!」

いや違げええええ!!

「ああ、なんだ、時雨かよ」

なんだって…酷くね?臨也と同じくらい酷くね?

「まだマシだって」

まあ…ね…まま、ここに座って座って。

――帝人君が入室しますた!!

「あれ…?紀田君?どうしてここに!?」

「帝人じゃねーか。そうか…お前もこの魔窟に入ってしまったのか…」

魔窟?魔窟ってちょ…紀田君さっきから毒舌気味!!

「魔窟って…ただ単に作者がこのチャットルームに引きずり込んだだけでしょ…」

何!?何かこの帝人君黒い!覚醒した!?

「ああ…覚醒といえば6巻のボールペンはヤバかったな…俺も原作読んでてビビった…」

あれは青葉君可哀そうだったよね…貫通してたもの…でもアレ、ボールペンって傷口に刺すと死ぬらしいよ

「マジかよ!…今度臨也さんに刺すか」

こっわ!!何!?何なのこの二人!?やたら怖いよ!?

「俺は通常稼働中だぜ?」

まあ、普段臨也の事心底嫌いだもんね!

「え、そうなの?」

「おおっと時雨!こっから先は言うなよ?」

了解っす隊長!それよりさ、夏休みが終わっちゃったよ…受験が刻々と迫ってるよ!!!

「そういえば時雨は受験生だったな」

そうだよ!君たちより年下だけど何か問題でも!?

「いや、誰もそこまで言ってないよ…」

「っつーか受かるのか?勉強しろよ受験生」

いやあ〜こういう時に限ってやる気が起きないんだよね〜〜〜

「ボールペンで刺したらやる気出るんじゃないの?」

いやいやいやいや…!!そんなんしたら…痛いじゃん!あ、でもこの前おいころにシャーペンで刺したろか言われたよ。

「サスガおいころ」

「普段から覚醒状態?」

ちょちょちょちょ…怖いこと言わないで!?おやおや…そろそろ時間すね…残念だ…もっと二人と話したかったっす!

「どうせまた引きずりこむんだろー」

まあね!!

「開き直らないでよ」

じゃあ、また来た時はよろしくっす!

「てかなんで遊馬崎さんになってんだよ」

…成り行き?

「えええ…」

細かいことは気にするなっす!

「じゃ、またな」

「今度はいつ引きずり込まれるのかな…」

――紀田君が退室しますた!
――帝人君が退室しますた!

さて…一つログが埋まったっす!
次は誰を引きずり込もうかな…

[ねくすと!]

1/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!