[携帯モード] [URL送信]

短編小説
さよならに込めた、本当の意味
とにかく反りが合わないと分かった日、すぐに電話をして相手を呼び出した。


「…寒いね。で、どうしたの?」

手に吐く息が白くなって見えて、すぐに消えた。
本当に寒い。早く用件を伝えてしまおう。


「お前って、ゲイ?」

「は…………?」


その反応は当然だな。そりゃ誰だってそうなるわ。


「いきなり悪い。ただ聞きたくて」


悪びれた素振りを見せながらちらりと顔を見ると、少し渋った顔をして、ぱっと口が開いた。


「違う。どっちかっていうとバイセクシュアル」

「要するに女もいいわけね」

「言い方が雑」

「悪い」

言い方は悪いが、要するにそうなんだな。やっぱりコイツは俺と違う。


「……で、本当の話は?」

「あ、うん」


躊躇う理由なんて無いはずなのに、簡単に口に出せない。終わりを告げることは簡単なのに。


「お前って、本当に俺と付き合ってて楽しい?」

「は?」


眉間に出来たシワ。あからさまに怒っている態度を見て恐いと思うのは、コイツ以外に感じたことがない。

「何言ってんの、アンタ」

「だってお前、正直女もイイんだろ?」

「そうだけど。…だから?」
「じゃあ何で俺みたいなのと付き合ってるわけ?」

「………は?」


自虐的なことになるが、俺なんかと付き合ってどうなる。
俺みたいにゲイで、女を愛せないのなら分かるが、バイのお前は女とも付き合えるのに、何でまたわざわざ先の見えない俺なんかと。
そりゃ好きだから、なんて答えられるだろうが、お前にはもっと違う未来が見える筈だろ。
何で俺なんかと?何でこんなに不安定で先が見えない俺と?


「なんだよ、俺のこと嫌いになったの?」

「ちげーよ。ただお前おかしいだろ」

「おかしいのは元々だよ。アンタを好きになってから」

「俺が悪いの?」

「違うけど」


何が言いたいのかわけが分からなくなってきた。何が言いたいんだっけ。


「俺がバイで、それでアンタのことが好きなのは駄目なの?」

「そうじゃない」

「じゃあいいじゃん」


ああ、またフリダシに戻る。


「何で女じゃないの」

「アンタがいるからだよ」

「俺のせい?」

「そう」


真っ直ぐ視線が自分に向き、慌てて目を反らした。


「確かに俺はバイで、正直女も好きだよ。だけどアンタが好きだから……」

「………ッ!」

突然強く握られた拳が、少し小刻みに震えていて。なんとなく、コイツのことが無償に愛しく感じた。


「なあ、」

「なんだよ……」


「別れよう」

「は?」



驚いた顔がスゲー不細工で、そんな顔すらも愛しいんだ。
だけど、これを俺のものにしてはいけない。


「別れよう。もう終わりにしよう」

「は……、何でだよ」


本当の理由を言ったら、コイツは馬鹿だから分かってくれないだろうから『お前のため』なんて言葉は使わない。


「他に好きな奴が出来た」

「…………」

「ちょっと前に告られた。同じ学部のヤツ」

「……だから?」

「だから、別れようっつってんの」

「へえ、」


あからさまに不機嫌なことを顔に出した。本当に恐いねえ。


「本当に?」

「本当に」

「誰、どこのどいつだよ」

「言えない」

「何で?」

「まだ返事してない」


返事も何も、告白なんてそんなこと、されても無いが。


「だから何だよ。本当なら言ってもいいだろ。俺にだって知る権利はあるだろ?俺はお前の彼氏なんだぜ?」

「………」

すっと近付いた顔。ああ何度見ても、吸い浸けられてしまいそうだ。


「何で俺にあんな質問したの?」

「あんな?」

「本当に楽しいか、って」

「別に。最後に聞いときたかっただけ」

「最後?」

「それ聞いて、別れようと思って」

「じゃあ俺は一生答えないよ」

「それでもいい」

「つまんないなあ」


ふふ、と笑いながら近くにあった顔が一層近付き、唇が軽く合わさった。


「好きだよ」

「うん」

「じゃあ別れなくていいじゃん」

「それとこれとは、」

「何も違わないでしょ?」


後ろに回された手。離れない様に強く固められた腕。
ああ、このままで居たい。だなんて。


「…離せ」

「……のわりには力が弱い」

「弱ってんだよ」

「まあ、力はそんなに強くないしな」


笑いながら少し強くなった力を感じて、そっと自分も腕を伸ばしてしまった。

このまま触れ合っていたいと、無意識に感じて。



「別れよう」

「俺と?」

「うん」

「………いいよ」


「………」

「“今の関係”と別れよう」

「………」

「確かに俺は女も男も好きになれるから、アンタとは違う」

「………」

「だけど、今もこれから先も、アンタ以外は見られないんだよ」

「……っ、」


触れ合っていた身体が離れると引き替えに、視界に入った顔。


「別れよう?だけど、もう一度言わせて」

「………?」

「俺にはアンタしかいないんです。だから、まだ一緒にいさせてください…」




まだ間に合う。まだ引き返せる。まだ大丈夫。
まだ、まだ、まだ、
まだお前は、普通の道を歩めるのに。



「確かに俺とアンタの関係は、先なんか見えない。だけどそんなのどうでも良いでしょ?」

「どうでも良くなんかない…っ!」

「俺はさ、アンタと一生一緒に居れたらいい、とだって思ってるくらいなんだよ。そりゃ子供とか憧れるし、結婚だってしたいけど」

「………」

「でもそんなの、結局アンタが横に居なきゃ、何も意味を持たないんだよ」

「違う……っ」

「中途半端にアンタのことが好きなんじゃない。女も男も好きだけど、アンタしか無いんだよ、俺にはもう」





見掛けた時に、小さく何かが芽生えて、


それが何かと気付いた時、どうしようも無い思いだと、同時に分かって、涙が出た。枯れるほど。


それでも静まらなかった気持ちは押さえきれず、少しずつ近付いた。


知って欲しかった。存在を、そして気持ちを。



気付かれて、驚かされて、真実を知って。


嬉しかった筈なのに、どうしてか自分と少し違うことに、虚しさを感じた。




だから、俺だけのものにしてはいけないと思ったのに―――。




「好きだよ、狂うほど」



ああ、ああ、

もう手放すことなんて。




「もう一度だけ。好き。だから、付き合ってください」

「………俺もっ…」



指し伸ばされたその手を拒めなかった。



俺はお前を思って、別れようとした。お前の事を思って、未来を思って。

お前の全てを奪った俺が許してもらえるはずはない。


だからせめて、償うよ。




お前の全てを奪った俺が、お前に出来ること全て。


お前に全てを捧げる。


そしてもう一つだけ、


最後に誰かに、「さよなら」と告げよう。



だってこれまでの事や、これからの事を償う為には、この関係を永遠にしなくてはいけないから。


























さよならに込めた、本当の意味。

[*back][next#]

21/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!