[携帯モード] [URL送信]
蝉時雨に呑まれた
焼けるような太陽と、溶けるような蝉時雨の中。前を行く男を呼び止めて、渇いた喉から声を絞り出す。聞こえただろうか、と考えていれば男が近付いてきた。いつもの小馬鹿にしたような笑み。ゆっくりと男の唇が触れる。熱い。ただ呆然と見つめ返す。高杉、と名前を呼んだら男は笑い、言った。「   」

  

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!