[携帯モード] [URL送信]

Wonderful days
テニスコートwith修羅場
エントランスに向かう途中で、バタバタ、と、走り込んで来るのは、景吾と同じ部活の男子生徒、向日岳人。

「廊下を走るんじゃねェ」
「んな事より、早くテニスコートに来いよ!!」
「アーン?」
「一人の女子生徒が、テニスコートで暴れてんだ!!」
「……!」

国光は静かに、額に手を置いた。
女子生徒、と云われただけなのに、騒ぎの元が奏汰だ、と判ってしまうのが哀しい。

「テニスコートは何処だ?」
「こっちだ」

岳人に導かれるがまま、2人はテニスコートに向かった。



「ゲームセット!!」

テニスコートに響く、終了を告げる声。

テニスコートにヘタり込む少女と少年を、冷たい眼差しで見下ろす奏汰。

「デカい口を叩く割には、大した事無いね。ま、準レギュラーだし。弱くても仕方ないか…」

冷たく笑いながら、云い放つ。

「何事だ!!」

景吾の怒声に、周囲は、水を打ったかのように静まりかえる。
しかし、奏汰だけは何処か違った。

「単なる遊びさ」

奏汰は冷たい眼差しのまま、景吾と国光を睨んだ。

「遊び…?」

ちらり、と、ボードを見たら、6−0と指し示している。
そして、ヘタっている部員は一組だけではない。
遊び、と、云うには、程遠い。
しかも、殆どが準レギュラーだった。

「あらぁ、跡部君にぃ…手塚君?」

間延びした声に振り返れば。
そこには、景吾のクラスメイトでもあり、奏汰の親友でもある、右岡陽香の姿があった。

「右岡……居たなら止めろ」
「無理よぉ。"氷の女王"は、あたしじゃ止まらないし、そもそも、あの子達が悪いんだから、少しは痛い目にあった方が良いのよぅ」

クスクス、と笑うその笑みは、悪女ばりのアクドい笑みだった。

「お前な…(--;)」
「ま、手加減はしてるから、完全にキレた訳じゃないみたいだけどね」

手加減―――…そう云われて奏汰を見れば、ラケットを持つ手は、右だった。

「桜井は右利きじゃないのか?」
「奏汰は俺と同じ、左だ。手加減していたのは事実だろう」

国光はそれだけを云うと、スタスタ、と奏汰に向かって歩き出す。

「オイ、手塚!!」
「奏汰の事は手塚君に任せた方が良いわ」

陽香の言葉に、怪訝そうな表情を向ける。

「そう云う訳には――…」
「大丈夫よ。奏汰はね、手塚君に逆らわないから」
「逆らわない?」

景吾は、歩く国光の背中を見つめる。

「見てれば判るわよ」

陽香の言葉に、景吾はなりゆきを見守る事しか出来なかった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!