[携帯モード] [URL送信]

敵か味方か
_
うちは勉強嫌いやから、朱里に教えてもらうことにした 。

朱里のとこに行ったら、立海の赤也くんが居って、なんかされたんか思たら普通に勉強してたらしい 。

赤也くんは朱里の味方やとか 。

立海にも分かってくれる人が居ってよかった 。

三人でワイワイ勉強してたら、光と金ちゃんも来て、五人で騒いでた 。

途中から目を腫らした翔子先輩が入ってきて、それを囲うように氷帝の人が話してた 。

その時、

「 朱里 !! 」

という跡部先輩の怒鳴り声で一気に静まり返って 。

「 朱里 、翔子の腕にカッターで傷入れたってほんまか ?」

忍足先輩がそう言いながら近付いてきた 。
皆朱里のこと睨んでる 。

そんなこと、するはずない 。

「 朱里、お前部屋でろ 。」

《 朱里、駄目っ … !! 》

今度こそ、今度こそ助けたくて必死に朱里を呼んだ 。

「 双葉 。」

その時うちを止めた人の声 。
うちは、信じたくなかった 。

[*前へ][次へ#]

2/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!