[携帯モード] [URL送信]

一筋ノ光

一筋ノ光 ― 五 ―



「一緒に来てくれるんだね。」


艶やかな着物に身を包んだソイツは、妖艶な笑みを浮かべそう言った


握った手
俺はここから出たい
外の世界を、見てみたいんだ
本当は、マサとが良かったけど……マサは違ったのかな


とったその手を数年後後悔するとは知らずに、俺はそんな事を考えていたんだ


「決まりだね。君の名前は?」

「……無い。」


俺のその言葉に、まだ意識が残っていたマサが驚愕とでもいう程目を見開いた


俺はそれを一瞥し、もう一度目の前の人物に向き直った


「それじゃあ私がつけてあげる。……零、零(レイ)だよ。おいで、零。」


そう言って手を大きく広げる

それを見て俺は、その胸に抱き付いた


マサとは違う、人の感触

人と触れている
ただそれだけで、嬉しさが込み上げてきた


「零、俺は零。……アナタは?」

「私は氷凰(ヒオウ)。」

「氷凰、宜しく。」


それが俺にとって二度目となる、人を感じた瞬間だった









 

[*prev][next#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!