[携帯モード] [URL送信]
夢中にさせるのは

「ねぇ、悠の大好物って何?」
「大好物?」


隣を歩く悠に問いかければ、悠は少し眉を寄せて、真面目な顔をして考え込んだ。


「何で急にそんなこと聞くワケ?」
「んー…。悠って、好きなものいっぱいあるじゃない?からあげとか、カレーとか、ハンバーグとか。一番って聞いたことないなぁって思って」
「ふーん…」


悠は、腕を組んで考え込んでいる。
そんなに難しい質問だったかな?
こんな顔、勉強してるときでさえ見たことない。
悠から視線を外して空を見上げれば、少し暗くなってきた空で。
視界の端の方に、沈んでいくオレンジ色の夕日の光が漏れていた。
こうやって、2人きりで下校するなんて、幸せだなぁと思う。
…テスト週間ということを除けば。


「あ、あった、あった!」


物思いにふけっていれば、悠が隣で声をあげる。


「俺の大好物、名前だ!」
「…え?」
「だーかーらー、お前だって」


ニカッと笑う悠。
恥ずかしくて体温が上昇していくのを感じて、慌てて言った。


「そういうんじゃなくて!おかずで!」
「だって俺、名前がおかずだったら、ゲンミツにどんぶりで50杯は軽くご飯おかわりできるって思って」


キラキラした顔で言う悠。
頬が高潮していくのを感じた。


「もう。じゃあやってみて」
「え!?さすがにそれはムリ」
「何それ」
「その分お前が好きってコト!わかって!」
「何…それ…」


何故だか涙が出てきた。


「どうかした?」


そう言って悠が顔を覗き込むもんだから。


「嬉し泣き!」


そう言ってぷいっと顔を反らして、赤くなっているであろう顔を見せまいとした。


「悠のせいで随分と涙もろくなったよ」
「どーゆー意味?」
「だって、たくさん嬉しいこと言ってくれるから。嬉しすぎて涙が出るんだよ」
「俺はゲンミツに笑わせたいのにー」


ぶーぶーと口を尖らせる悠を見て、少し笑った。
そしたら悠も笑った。


「幸せだなぁ」
「シアワセ?」
「うん。こんなに人に想われてて、私は幸せ者デス」


心の底からそう思った。
悠はニカッと笑って親指を突き出す。
お調子者で、結構楽天家で。
それでも野球センス抜群で、ときどき格好良くて。
あたしを泣かせたり、笑わせたりして。
そんな悠が好きだなぁと思う。
毎日毎日、悠にのめり込んでいく。
どんどん好きになっていく自分が怖くなるくらい。
それでも。


「ねぇ悠」
「ん?」
「もっと好きになっちゃった」
「ホント!?」



end.(2010,11,3)
BGM:RADWIMPS「いいんですか?」

・・・・・・・・・・
RADWIMPSの曲の世界観を表すのにとても苦労しました。
結果、全然表せず、上辺だけ似せた感じですね(笑)←
田島はさらりと格好良いことを言ってくれると思います。
飾らない言葉や態度にヒロインが泣く、と(笑)

改めまして、雄飛様、移転おめでとう御座います!
こんな夢ですが、喜んで頂ければ幸いです。



[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!