[携帯モード] [URL送信]

虹蛇
4p
 天谷と日下部は、二枚目のホットケーキを焼き始めていた。
 天谷はフライ返しを握りしめて、ホットケーキを裏返しにするのをスタンバイしている。

(さっきの天谷の毒の話、正直、ちょいハードだったわ)
 日下部は冷や汗を拭うと天谷をチラリと横目に見た。
 天谷はホットケーキ作りに集中していた。
 メガネに油がついたらしく、天谷はメガネを外してシャツの裾にレンズをこすりつけた。その間も、天谷は、ぼやけた視界でホットケーキを捉えている様だった。
(気にしてるのは俺の方だけか? この後、どんな会話したらいいわけ?)
 日下部は、天谷に聞こえないよう、小さく唸る。
「なぁ、日下部、さっきの俺の話、もしかして引いた?」
 突然に天谷が日下部の顔を見て言う。
 二人の目が合う。
「ええっ?」
 日下部は何と答えたらいいのかわからずに天谷から視線を逸らす。

「なんか、ごめんなさい」
 天谷が謝った。
「ええっ?」
 しおらしい天谷に、日下部は戸惑いを隠せない。
(こいつ、普段憎まれ口ばかりなのに、どうしたんだよ? やっぱり、継母の話題がタブーだったとかか? いや、でもこいつの方からした話だぜ……ああ、きっかけは俺か? うっ、だめだ、この空気、耐えられねぇ。なんとかせねばだ)
 日下部は、気合いを入れるように小さくガッツポーズをする。
「あの、日下部?」
「え、ああ、だっ、大丈夫。引いてないし、謝ることもないよ。あ、ホットケーキ、もういいんじゃないか?」
「うん。……ひっくり返す」
 天谷はフライパンとホットケーキの隙間にフライ返しを滑り込ませる、そして……そして、天谷はそのまま固まった。
「おい、どうしたよ? 早くひっくり返す!」
 日下部はそう言うが、天谷はフライ返しを持ったまま動かない。
 そんな天谷に日下部は戸惑う。
「なぁ、天谷先生、マジでひっくり返さないと焦げるぜ。固まっちゃって、どうしたんだよ」
「いや、どうやってひっくり返すのかなって」
 天谷の台詞に日下部の眉が上がった。
「え、マジで言ってんの? ホットケーキの生地をフライ返しで持ち上げて、裏に返す、簡単だ。やれ、早く!」
「で、出来ない!」
「はぁ?」
「だって、俺、こんな……実は初めてかも。いきなり、無理……かも」
 泣きそうなトーンの天谷の声に、日下部はハッとした。
「大丈夫だから、ゆっくり……上げて」
 日下部は急に、優しい声色で言う。
「……うん。ドキドキする。上手くいくかな」
 天谷はゴクリと唾を飲み込む。
「大丈夫だから、そう緊張するな。ゆっくり」
 日下部のそう言う声は実に優しい。
 天谷は日下部の言う通り、ゆっくりとホットケーキを持ち上げる。
「ほら、もっと高く上げて」
「あ、うっ、こう?」
「もう少し上げて」
「ううっ、怖いよ」
「大丈夫だから……もっと」
「こう?」
「いいよ。……はーい! 今だ! 一気にドーン! ひっくり返す!」
「ドーン! っつ、いっ! あっ、ああっ、熱!」
 天谷はフライパンの持ち手に手をぶつけた。
 熱々のホットケーキが天谷の足の上に落ちた。
「お前、不器用の極みかーっ!」
 日下部が叫ぶ。
「ごめん」
 天谷の顔は暗い。
 そんな天谷を見て日下部は焦る。
(しまった)
 天谷はしょんぼりとしてホットケーキを拾おうとした。日下部は素早く代わりに拾うと「俺こそごめん。えーと、次は俺が焼くから、天谷は見てな」そう優しく言った。
「うん」
 天谷は少し笑った。

 日下部はチューブに入った蜂蜜に手を伸ばすと、天谷に、「ちょっとどいて」と言って、代わりにフライパンの前に立ち、蓋を開け、チューブを搾り、フライパンの上に蜂蜜を垂らしていく。
「え、日下部、なにしてんの?」
「まあ見てろよ」


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!