[携帯モード] [URL送信]

虹蛇
5p
 日下部の上で天谷はぼんやりして日下部を見下ろしている。

 不意に、天谷が自分のシャツのボタンに手をかけた。
 日下部はそれを見て慌てる。
「ちょ、お前、なにしてんだ!」
「んんっ、暑いから脱ぐんだけど」
 天谷が首を傾げて言う。
「日下部も脱ぐ?」
 天谷が日下部のTシャツの裾に手をかける。
 日下部は素早くその手を止めた。
「脱がない! 脱がない! お前も脱ぐな!」
「えっ、だってっ」
「だってじゃない! ちょ、本当、待って、俺、今、キャパシティオーバーだから、くそっ! どうしたらいいんだよ……。あ、ああ、あっ、天谷、テレビ観よう、な! ほら、学園キャパシティ!」
 日下部は付けっ放しのテレビを指差す。
「あ、学園キャパシティ、観る、観る!」
 天谷は直ぐに日下部の体から降りるとテレビ画面を食い入るように見始める。
 日下部はため息を吐き出し、立ち上がった。
 天谷が日下部の手を掴む。
「どこ行く気だ?」
 睨む天谷に日下部は「顔洗ってくる。直ぐもどるから。ドラマ、いいシーンだぞ」と言って天谷の手を優しく解いた。
 天谷は、早く来いよ、と日下部に言うと、テレビを観る事に戻る。

 日下部は洗面所に向かうと、勢いよく水道の蛇口をひねり顔に思い切り水をかけながら、落ち着け、落ち着けと繰り返し呟いた。



「なぁ、日下部っ」
 天谷はずっと日下部に、ほぼ一方的に話しかけている。
「日下部、学園キャパシティ、面白かったな」
「お前、告白のシーンで大爆笑してたな。あのシーンで笑うとか、どういう無神経だよ」
「テレビドマラの再放送を観ながら飲むトマトジュースって美味いよな、日下部」
「そうか?」
「ポテチの塩、指につく」
 天谷と日下部は、言葉のキャッチボールが出来ていない。
「天谷、お前、やっぱり飲みすぎじゃないの? 俺との話し、合ってないんだけど」
 日下部を無視して指を舐める事に集中する天谷。
 綺麗に指についた塩を舐め上げた後に、天谷は塩っぱい、塩っぱいと一人で騒いだ。
 天谷の会話にはもはやなんの脈絡もなくなっている。
 日下部はやれやれとため息をつく。
「告白のシーン、泣けたな、日下部」
「いや、お前、笑っていたよね?」
「日下部、ポテチ食べなよ」
「うん」
「告白といえばさ」
「うん?」
「俺たちって付き合っているけど、俺、お前から告白されてないよな」
 そう言うと、天谷は日下部を潤んだ目で睨んだ。
「そうだっけ?」
「そうだよ。告白なかったし、そういえば、お前に好きとか言われたこともないよ」
 言われて、日下部は、腕を組んでうーん、と唸った。
「それ言ったら、俺だってお前に告白されてないし、好きって言われたことないよ」
 日下部の台詞に天谷が飲んでいたブラッディメアリーを吹き出した。
「俺たち、告白も無く、好きも言わずに、どうやって付き合ったんだろうな? 超おかしい、おかしすぎる! ウケる、はははっ!」
 天谷は大声で笑う。
 しかし、日下部の方は何を思ってか無表情でいる。
 リアクションの無い日下部を見て、天谷は笑うのを止めた。



[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!