[携帯モード] [URL送信]



蒼海  
  ーオウミー


広大なる水鏡に二輪の花が映っていた。

かつて波紋がそれらの姿を掻き消し、片割れだけが大きく咲き誇る華となった―――。


ドリーム設定はここにて





※キャラ設定
昔はあんなだったな…
白い花が浮かんでた。
色あせた日々
一度止まった針
黒の教団壊滅未遂事件
嵐の予感
巻き戻しの町
変な塔の下で
“あの日”
双子の運命
※キャラ設定〈改〉
江戸戦、突入!
蒼海の幻影
冷たい契約
煌めく星の旋律
NOAH...
朝露に濡れてしまえば
最終話
編集後記
そして、蒼き華は咲き誇る
手鞠が2つ















.

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!