[携帯モード] [URL送信]
『同趣味』俺の方が上手い編
 今回は『同じ趣味、違うアイツ』のメイン二人(ようやく)の掛合。第五章終了後の一幕です。

***

尊志(以下、尊)「はぁー(ため息)」

芹沢(以下、芹)「機嫌直せって。似合ってたけど」

尊「……褒め言葉にも慰めにもならん」

芹「まー、そうなんだろうけどな。ギャハハ」

尊「笑ってられるのも今のうちだぞ。姉貴が絡んでいるのが怖いのだ。どうも姉貴はインターネットに同じ趣味の友達が多いようで、ちょくちょくオフ会やらに参加しているのだ」

芹「それが何か問題あんのか?」

尊「今日の写真をネットにバラまかないか不安だ」

芹「……さすがにそれはねぇだろ?」

尊「まぁ……目にモザイクくらいはかけると祈っているが」

芹「ま、マジでか?(頭を抱える)」

尊「……(こくり)」

芹「ほんっと悪かった。何度もリテイクって言われる度に苛々してきてよ……つい」

尊「……もういい。たかがチューだ」

芹「案外余裕かましてるな」

尊「キスに関してはきっと俺の方が上手いだろうからな」

芹「は?! お前、何言っちゃってんの?!」

尊「キミ、彼女はいたことがないって言ってたではないか」

芹「アホか! すっげぇのするっつの。腰砕けるっつの!」

尊「またまた。はっはっは」

芹「うおお、超ムカツクぞ!」

尊「はっはっは……」

***

 タカちゃんはタカちゃんなりにプライドを守ろうとしている模様。

 でも、あまり煽ると芹沢君が「勝負!」と暴走するので気をつけろ。はっはっは。

(2011.8.7拍手)

[*prev][next#]

5/44ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!