[携帯モード] [URL送信]

短編小説
IF〜聖夜の夜に〜(悠輔×悠)



「ハッ、ハッ、ハッ……」


 悠輔は今、必死に足を動かして走っている。

とは言うものの、とある目的地に遅刻しそうだからだ。



「くそっ、間に合ってくれよ!」



────…



「えっ、本当ですか!?」


 不意にかかってきた一通の電話。

悠輔は相手の話す内容に、やや興奮気味に受け答えていた。


「今日の午後……六時からですか? 分かりました!」


ガチャリ


「………ふふふ」


 何だコイツ?とか思われそうな笑い声をあげる悠輔。

悠輔自身、自分で言ってて恥ずかしくないのかと、思うのに笑いが止まらぬのは何故だろうか。


「ひゃっほう! やったぜー!」


 飛び跳ねながら、階段を降りようとするのだが。


「ワハハ……うぉっ!?」


ズダダダダダンッ


 ジェットコースターが急斜面を一気に滑り降りるかのように、一気にショートカットして一階までたどり着く。

もちろんだが、体は痛い。


ってか正直な話、笑えるもんじゃない。


「いって〜。腰を強打した……」


「何を踊っている?」


「ん、あぁ晃輔か。何でもないよ」


「んなわけあるかっ。そんな壊れた兄貴は、兄貴に何か良いことがあったときにしか見たことない……」


「あぁ、母さん。今日の晩飯何?」


「人の話を聞けー!」



────…



「よぉし、後は取りに行くだけだから、部屋でゆっくりしてるか!」


 何気なく、テレビをつけてみる。

と、クリスマスらしいクリスマス特番をやっていた。

ぼけーっとしながら見ていると、悠輔の目に入ってくるものがあった。


(ん、確かこれって……)


 テレビに向かって首を傾げる姿、一体どんな風に見えただろうか、少なくとも変態に見えたってことはないだろう。


(でもこれは、今日だけらしいし……よし!)


「……お?」


その刹那、テレビの音に紛れて、よく聞き慣れた着信音が、耳を突き抜ける。

発信者は部活の仲間らしい。


悠輔は電話を手に取り、楽しそうに話し始めたのだった。



────…



「ってあんな余裕かましてたのに、結局これかよー!」


 話に白熱しすぎて、待ち合わせ時間をすぎてしまったのだ。


目的の店で、約束の品を貰う時間には何とか間に合ったもの……。

残念ながら悠との待ち合わせ時間には、間違いなく遅刻となりそうだ。



「はぁ、はぁ……」


「あ、悠輔くん!」


「ご、ごめん! 遅くなっちまった」


「本当に……悠輔が7時00に待ち合わせって言ったのに……」


(うわー、これ怒ってるかな……)


 目をつむり、若干ムスッとした悠の顔からは若干の威圧感を感じてしまう。

しかし、遅刻したのは自分のせいであるため、素直に過ちを認めるしかない。


「ごめん……友達と話し込んでてつい……」


 しょぼーんと頭を垂れる悠輔に対して、悠はニコリと笑う。


「いいよ。たまには仕方ないよ、遅刻なんて」


「あ、あぁ」


「でも、次からは気をつけてね?」


「はい、すいません」



 痴話喧嘩らしきものが終了し、悠輔はとある話を持ちかける。


「えっ? そんなとこにいくの?」


「あぁ、ダメかな?」


「ううん、ダメじゃないよ。行ってみたい」


───悠輔が行こうと言ったのは、とある山のこと。

この時期に山、どう考えてもおかしいのだが、何故こんなところを選んだのか────


しかし、その答えはすぐに分かることとなった。


────…



「うわぁ……綺麗だね〜」


「あぁ、しかも今はどうやら人も居ないみたいだし。俺達二人きりだけってことだな」




────そう




悠輔が提案した場所とは────




クリスマスの告白スポットとして、有名な場所だったのだ。



「悠……」


「うん?」



「俺がここまでこれたのは悠やみんなのサポートがあったからだ。ありがとう」


「急にどうしたの?」


 いつもより雰囲気が大人びている悠輔に、悠は疑問を持ちながら返事を返す。

 哀愁ただよう悠輔の顔つきは、どこか別人のように見えてしまう。


「ここってな、親父が母さんに告白した場所なんだよ」


「えっ……そうなんだ。でもそれと今日は関係ないんじゃ……」



「関係大ありだよ、悠」


「?」


「俺なりのケジメって言うのかな? 今日ここで悠にどうしても伝えたいことがあるんだ……聞いてくれるか?」




────流れる沈黙。



刹那、悠輔は話し始めた─────


"不器用な言い方だけど、これは俺の想いだから、しっかりと聞いてほしい。


私、榊悠輔は────



世界の誰よりも



桐島悠という女性を愛しています。



俺と一緒に……


これからの将来を………



ずっと────



ずっと共にして欲しい"


 それだけ言い終わると、悠輔は悠に近づいて、薬指にソッと指輪をはめた。

 光り輝く指輪が、悠輔の想いを物語っている。


────ほかの誰にも言わない、悠へだけのメッセージ。



─────これから生涯を共にしようという、不格好なりに悠輔が考えたプロポーズだった。


「バカ……」


「返事聞かせてもらえるかな?」


「こんな指輪渡されたら……断れる訳ないじゃない……」


「そりゃそうだよ。俺だって悠を誰にも渡したくないんだ。断らせるつもりなんて、毛頭ないよ」


 ニコリと意地悪そうに笑う悠輔。



「私だって愛してるよ、悠輔くん。……いや、悠輔♪」


「────まだまだ未熟な俺だけど……絶対に幸せになろうな」



「うん♪」


 月夜が照らすクリスマスの夜。

無数の星たちが見つめる下で────



「んっ……」



二人は誓いの口づけを交わした。






〜Fin〜




※この物語はフィクションです。

本編とは全く関係ないのでご注意を。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!