[携帯モード] [URL送信]

Main
これフラグ??


 何かすっごいキラキラしてる。



 Aさんの顔を見たオレの感想は、こんな間の抜けたモンだった。

 絹糸のようにサラサラなハニーブラウンの髪は、肩口までの長さで、上の方だけ掬って、ハーフアップにしている。
 長い前髪はセンターで分け、女子のようにヘアピンでアレンジしてあるが、女の子と間違いようもない男前だ。

 色白で彫の深い顔立ちは、まるで彫像の如く整っているが、垂れ気味の目が愛嬌と色気を醸し出している。
 全体的な印象として、女子が好きそうな甘い美貌のイケメン。
 雑誌のモデルやテレビのアイドルと比べても遜色のない、華やかさを持っている。あまりにイケメンすぎて、現実感がない。

だからオレは、むしろ冷静になってしまった。

 いつだか、二つ年上の従姉妹が力説していた恋愛シュミレーションのようだなあ、と、的外れな感想を抱く。
 イケメンが道で行き倒れているシチュエーションを熱く語られた時は、思わず鼻で哂ってしまい、鉄拳制裁を喰らったもんだが……現実で遭遇するとは思わんかったわ。
 この学校、すげえな……。


 思わずマジマジと眺めてしまったが、イケメンは気にする素振りもなく、首を傾げる。
 女子だったら、思わずウットリと見惚れてしまいそうな甘い笑みを浮かべ、オレの右手を指差した。
 

「それ、欲しいな」


 それ、と指された己の右手を見る。
 今のオレは、シンプルな紺色の巾着以外には、何も持っていない。ちなみに中身は、武藤の魔の手から守った弁当だ。


「これ……?」


 軽く持ち上げて、オレも首を傾げて訊ねる。


「そう、それ」


 何故イケメンが弁当なんぞを欲しがるのだろうか。
 半信半疑で聞いたが、Aさんはお手本のように綺麗な笑みを浮かべ、頷いた。


「腹減って、動けないんだ」


 お前はアン○ンマンか。
 そしてオレはジャム○じさんか。
 
 そう脳内でツッコミつつも、輝くような笑みを浮かべるAさんに、ニッコリと笑い返した。


「お断りします」


「……え?」


 唖然とした声が、綺麗な形の唇から洩れた。
 丸く目を瞠ったAさんの手からも力が抜け、オレはこれ幸いと、掴まれていた足を引き抜いた。


「ちょ、」


 焦った声が聞こえたが、気にせずオレは歩き出す。
 しかし数歩も進まずに、再び足を掴まれた。


「…………」


 思わず、大きなため息が洩れた。

 兄さん、ちょっとしつこいんじゃない?


.

[*前へ][次へ#]

15/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!