[携帯モード] [URL送信]

Main
3


「………、っ!?」


見上げるような長身の、その人の顔を見て、オレは驚愕に言葉を無くした。


というかその人も、オレと同じように、珍しくも驚きに目を瞠っている。(右目は前髪に隠れてるから、左目しか見えないけど)


さっきの青さんのビックリ顔も珍しかったけど、この人ほどレアじゃない。


どんな時も冷静で、常に無表情。
時折、ちょっとした変化は見られるが、ビックリ顔は中々見られない。


ザッ


…お?


ビックリ顔で見つめ合うオレ達の間に、何かが立ちふさがる。


それを不思議に思う前に、背筋も凍らすような、冷えきった声が、その場に響いた。


「……何してくれちゃってんの?墨田。」


!?


前に立ちふさがっているのは、いつの間にかオレから離れたしずかちゃんだった。


後ろからでは表情は分からないが、その声は、しずかちゃんかと疑いたくなる位に冷たい。


しずかちゃんの向こうに、ほんの少しだけ見える墨田と呼ばれた男前…『玄武』さんは、そんなしずかちゃんの様子に、更に目を瞠った。


…っていうか、一体全体、何がどーなっているんでしょう?



誰か、オレに教えて下さいませ。


.

[*前へ][次へ#]

28/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!