[携帯モード] [URL送信]

Main
忘れてた。


「何すんの。武藤ー。」

「煩ぇ。」


頭を押さえて、ブーブーと文句を言うが、不機嫌そうな武藤に一刀両断された。


「お前、今日日直だろ。桐生に、呼ばれてなかったか。」
「……あ。」


…そーいえば、課題のノート返すから、取りにこいって言われてたような……。


ぶすくれている武藤の手には、クラス全員分とおもわれるノートの山。

たぶん、オレが来ないから、たまたま通りかかった武藤を捕まえたんだろーなぁ…。


「…ごめんね?ダーリン☆」

「…コロス。」


うきゃー!!


武藤さん美形だから、凄むと怖いデスヨー!?


「本当に忘れてたんだってば!ごめんなさい!」

パンッと両手を合わせて頭を下げる。

チッと舌打ちが聞こえ、ドサッと机の上にノートを置かれた。

「前よかパシリっぽい外見になった奴が、オレ様をパシるなんて千年早ぇ。」


…華麗に変身を遂げた(勘違い)オレに対する感想は、ソレですか。

確かに言われると、納得しちゃうけど!!
何、購買でパンとか買って来たらいいの!?(逆ギレ)


.

[*前へ][次へ#]

17/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!