[通常モード] [URL送信]

Main
西崎君と凛ずきん。


「…そのナリは、何だ?」

「……イメチェン?」


テヘ☆と小首を傾げると、もの凄い疲れたようなため息をつかれた。


「…平凡が何をやっても、所詮平凡から脱却は出来ない、と身を以て周りに示したかったのか?…その自己犠牲の精神には、敬意を表そう。」
「えっ!?ちが…」

「周りから、『勘違いしてはじけちゃった奴』という認識はされるだろうが、オレはお前の真意を理解している…頑張れよ。」

「何その新しいイジメ!!」


この外見について、西崎に色々言われるのは想定済みだった。
…が。
方向性が違った。


色々シミュレーションしてみたのに!!
たまにはちょっと、言い返してみようかなって、密かな野望(ちっちゃ!)を抱いてたのに!!


「…西崎君、西崎君。」

「何だ。」

「何で西崎君は、そんなにもドSなの?」

「それは阿呆なお前に、ツッコミを入れる為だ。」


…赤ずきんちゃん風に言ったら、ちゃんと拾って返してくれた。

…対応は優しいのに、内容はマルッと優しくないのは何でだ。

ドSだから?

あれ?鶏たまごみたいになってきたぞ??


.

[*前へ][次へ#]

14/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!