[携帯モード] [URL送信]

Main
暗闇の唄


信じられる人間なんて、この世にいない―――。


誰だって、己が一番可愛い。
例え、気紛れに誰かを助けたとしても、自分に火の粉がかかるとなれば、平気でその手を離す。

信じるから、裏切られるのが辛いんだ。
ならば、信じなければいい。


大切な人間なんて、この世にいない。


誰だって、己が一番可愛い。
例え、一時愛してくれても、一つ気に入らない事をすれば、容易に忌み嫌える。

好きになるから、嫌われるのが怖いんだ。
ならば、好きにならなければいい。


オレは、人を嫌い、人に嫌われる存在。


闇に生き、いつか闇に消えるもの。



光なんて、永遠にささない。



光なんて、いらない―――。


.

[次へ#]

1/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!