[携帯モード] [URL送信]

中編
無関心過ぎて呆気なく。
 


 息を切らしたような呼吸音と、さっきまで俺を呼んでいた甘ったるい声が届く。


「…はぁ、っ宇佐見!春彦君来てない!?」


 宇佐見?
 俺の姓ではない名に、はたと目を瞬く。
 準備室に入った時は必死で周りを見る余裕なんてなかったけど、まさか人が居たなんて。
 ああ、終わったな。と思ったその時、抑揚のない声が耳に届いた。


「来てない」
「本当に!?嘘つかないでよ!?」


 すげえ必死だな、と俺は自分を棚にあげた。
 でも頭の中は、無関心さがあからさまに出ている声の主で埋まっていく。
 低いけど、なんだか心地よい声だと。


「春彦って誰」
「…いや、えと、あんたに関係ないよ」
「あそ。俺しかいないけど」
「……あんたなにしてんの」


 落ち着いたのか、興味がなさそうなくせに女子はそう聞いていて。
 いないって分かったら早く出ていってほしい。

 でも、無関心な男子生徒は律儀に答えた。


「解体」
「……」


 解体?なんかを分解してるのか、こんなとこで。
 それ以外に会話がなく、女子は引き気味な声で「行くわ」と言った。


「ドア閉めてって」
「わ、わかってるよ!」


 ガラガラと音がして、静寂。
 一息ついて、のそのそと隠れていた隅っこの台下から這い出て立ち上がると、扉から少し離れた木製の長テーブルに制服の背中が見えた。
 入ってすぐなのに気付かないとか、どんだけ必死だったんだ俺は。


 はあ、とため息をつき、男子生徒に近づく。


「……あの、」
「だれ」


 礼を言わないと、と声をかけたら、振り返った生徒は無表情でそう言った。
 キツくはない声だけど、抑揚なく無表情なせいで、なんかちょっと取っつきづらい。


「さっき女子が探してた、春彦だよ」
「へえ」


 まるで興味ない、ってのがまる分かりな態度で、すぐに顔を戻された。
 カチャカチャと音がして、気になって向かいに回ると手元には小さなラジオ、らしきもの。
 分解されてるせいで分かりづらいけど、脇にあった外枠でラジオだと気付いた。


「宇佐見、だっけ。こんなとこでなんで分解してるの?」
「趣味」
「へえ…」
「……」
「……」



 会 話 が 続 か な い !

 すぐに出ていくのも気が引けて、それでもちょっと気まずくて。
 なんとなく、本当になんとなく、向かいの木イスに座ってテーブルに肘をついて頬を乗せた。

 チラと宇佐見は俺を目だけで見たけど、なにも言わなかった。本当に興味ないらしい。なんかショック。


 そんな、俺と宇佐見の出会い。


 

[*←][→#]

3/33ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!