[携帯モード] [URL送信]

生徒会シリーズ


「な、にすんだ!」

会長が顔を真っ赤にして私を見た
怒っているのでしょうか・・・?

「・・・すいません、嫌でしたか?」

気持ちよさそうだったのに・・・
会長とこんなことできる 機会なんて滅多にないので・・・つい
やりすぎちゃいましたね・・・

と、内心で一人反省していると

「・・・っ、い、嫌じゃ・・・ない、けど・・・さ」

うつ向いてボソボソと呟く会長
耳まで真っ赤です・・・嬉しいことを言ってくださる

「では、もう一回しても・・・」

「ぃヤ!」

「何故です?!」
  
「〜〜〜っ、は、恥ずかしいじゃん・・・?」

袖を摘まれ上目遣い
・・・誘ってるとしか思えません


[*前へ]

7/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!