[通常モード] [URL送信]

Re1:The first sign
H



 アイリスとルツキ、二人に声を揃えて突っ込まれてしまったノア。
 だがここで下がってしまっては、リーダーとしての威厳も何もない。
 軽く咳ばらいをした後、ノアは改めて話し出した。

「…考えてみろ、こいつはクロウディ派だと都市中に放送されちまったんだぞ?ここで野放しにしたら、軍に捕まって拷問されるのがオチだ」

 “拷問”
 その言葉に、アイリスは少しながら身を震わせた。
 そんなノアの言い分に、ルツキも顎に手をやって考え込む。

「成る程…。もしアジトの場所を喋られでもしたら、困りますね」

「だろ?そうなれば、俺達のやってきた事も水の泡になるしなぁ」

 自分を置いてどんどん進んでゆく話に、アイリスは付いて行けなかった。
 拷問だの、アジトだの。
 自分にそんな事は一切関係ない筈だ。
 それなのにノアとルツキは、ただじっとこちらを見つめてくる。
 嫌すぎる予感がひしひしと伝わってきた。

「な、何よ」

「…仕方ありませんね。アイリスさん、貴女を雑用係として引き入れます」

「はぁ!?」

 溜息をついたルツキの言い回しは、不本意という心情が滲み出ている。
 しかも雑用係という扱いだ。

「ちょっと!少しはこっちの話も聞きなさいよ!!」

「はいはい、私だって本来ならば反対ですよ。市民を巻き込みたくはないのですから」

「食事も寝床も付いてくるから、軽いバイトだと思えばいいだろ?」

 有無を言わさぬ二人の態度に、アイリスはぐうの音も出ない。
 そんな彼女の苛立ちを察しているしいノアは、クスッと意味深に笑った。

 楽しそうに嬉しそうに。
 その漆黒の瞳はアイリスを捕らえて離さない。

「ま、仲良くしよーぜ」

「仲良くできるかぁぁぁあああっ!!!!」


 こうして私は、おかしな派閥抗争に巻き込まれてしまった。
 反ジルクス組織、セルディス派。
 謎のレジスタンス組織、クロウディ派。

 …はっきり言って、都会の人間の思考は理解できない。
 常識もへったくれもあったもんじゃない。
 何より、人の話を聞かない奴らばっかりだ。

 ねぇ、レックス。
 私はいつ、あんたに会える?



TO BE CONTINUED...

[*前へ][次へ#]

10/32ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!