[携帯モード] [URL送信]

丸井ブン太
届いた想い


俺はある日、隣のクラスの奴に呼び出された

しかも、告白スポットの木の下に………

無視するのも可哀そうだから、一応行った


「……あの……私、丸井君が好き!」


やっぱり告白かよぃ……

でも、俺の答えはここに来る前から決まっている。


「ゴメンな、俺……他に好きな奴が居るから」

「…そっか………私の方こそゴメンね^^」

「………じゃあな」

「バイバイ^^(・・・最初からふられるのは分かってたけど、やっぱりつらいなぁ・・・・・)(涙」


その光景を見ていた者が一人いた………。

その名は、仁王雅治。


「ブンちゃんに好きな奴が居たとはのぅ……」


放課後………俺は、【アイツ】の事を思い出していた

最後に交わしたあの言葉を………


『ブン太……またね』

『ああ……また…な』


あの日以来、電話もメールもこない

今、お前はどこに居るんだよぃ

お前はもう、俺の事を忘れちまったのかよぃ


「名前……」

「ブンちゃん、“名前”って誰ぜよ?」

「うわっ!……なんだ、仁王か……てか俺、声に出してた?」

「出してたぜよ」

「そっか……」

「(ブンちゃんの好きな奴ってその子なんじゃな……それにしても、随分愛しそうに名前を呼ぶんじゃな……)…のぅブンちゃん」

「なんだよぃ」

「部活は行かんのか?」

「……今日って部活だったっけ?」

「そうじゃよ」

「げっ!仁王、もっと早くに言ってくれよぃ!!」


俺は、急いでテニスコートへ行った……

だけど、そこには誰もいなかった……


「騙された……仁王、タヒね(怒」


その頃の仁王は……


「プピーナ」


もう下校していた……













次の日〜朝練〜


「柳、なんかおもりみてぇのねーか?」

「……あるが……何に使うんだ?」←おいっ!あるのかよ!!

「ん〜……ちょっと…な(ニヤ」

「……そうか……ちょっと待っていてくれ」

「おう♪(これで、仁王に仕返し出来るぜぃ!)」

「…………これだ」

「サンキュー!!柳!!」

「重いから気をつけろ」

「分かってるって♪……うわっ!…重すぎだろぃ……まぁ丁度いいか」

「では、俺は練習に戻る」

「マジでサンキュー!」


そして俺は、柳が部室を出たのを確認してから

仁王のカバンに、柳からもらったモノ(…たぶん5kg以上あると思う)を入れてから部室を出た……















部活が終わり、俺は教室で仁王を待った……

が、仁王はいつもと変わらない様子で教室に来た……

そして……


「ブンちゃん、俺をペテンにかけるなんぞ100年早いぜよ」


と、言った……

俺は、仁王に反論しようと席を立ったが

担任が来たので出来なかった。


「今日は転校生が居るぞ……苗字、入ってこい」


仁王にイラついていた俺だが、その苗字を聞いて

そんな事など忘れてしまった

そして、少しの期待を持った。

もしかしたら、【アイツ】かもしれない……と


「……苗字名前です。これからよろしくお願いします^^」

俺の期待は的を射た

【アイツ】だ

俺が5年間も待ち続けた

【アイツ】だった

俺は、無意識に席を立ち

【アイツ】を……名前を抱きしめていた


「ブ…ン太?」

「名前……会いたかった」

「わ、私も……会いたかった」

「もう…どこにも行かないよな?」

「……たぶん」

「そこは、“行かない”って言えよ」

「だって……」

「まぁ、俺がお前を離さなければ大丈夫か!」

「離さないっていつまで?」

「ん?…一生…かな?」

「それ……プロポーズしてるみたい」

「“みたい”じゃなくて、してるんだよ」

「……ホントに?」

「ああ……」

「嬉しい^^……けど、恥ずかしいな/////////」


二人の噂は、一日で全校生徒、職員に知れ渡りましたとさ。



[次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!