[携帯モード] [URL送信]

MaIn。.。
リッスンシークエラ



貴方にこの想いを伝えることなどできるでしょうか
伝えてからを考えると、できるはずもないのです

伝えてしまって、貴女はどう応えるでしょう
驚くでしょう、疑うでしょう
そして、恐らくわたしを嫌悪するでしょう

そんなの嫌なのです
そんなの嫌なくらいに、貴方を好きなのです
だから、
辛かろうが、わたしはこの想いを収めるのです

でも、それでも、貴方が好きで、仕方なくて

だからわたしは、貴方の好む歌を聴くのです
その歌はわたしの募る想いを慰めるでしょう
その歌はわたしの寂しさを埋めるでしょう


しかし、それは錯覚でしかないのです


歌は終わってしまいます
どれも短いものなのです
それなのにわたしの涙腺を震わせるのです

歌は儚く終わるでしょう
果たしてわたしは泣いているでしょう
歌詞でしょうか?メロディでしょうか?
否、きっと貴方の好む曲だからなのです

あす、貴方は歌ってくれるかもしれません
わたしは密かに願っているかもしれません

わたしの想いに、気づいてるかもしれない
そんな貴方だから。



もしも歌ってくれたなら、そのときは。
2倍、きみを好きになる




[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!