[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 18





「ああ……温かいな」

陶然と呟く緒方は、無意識に吐息にまじった本音を洩らす。

「──気持ちいい……」

そのささやきにも似た本心を、日比野が聞き逃すはずはなく、日比野はさらに強く緒方を抱きしめた。

「緒方」

耳元で、ささやきが熱く濡れる。
緒方にはそれがこそばゆい。

人に抱きしめられた記憶は、遠い過去の子供時代のものだけで、ぬくもりよりもその時々の感情の方が消えずに残っている。

熱として記憶しているのは、この日比野の体温だった。

「温かいのは変わらないな……」

いけない事をしているのではないかといった懸念は、そのぬくもりにかき消されてしまった。

だんだん気持ちよくなって、意識が朦朧としてくる。

緒方はなんだか嬉しくなって、日比野の背中に回した腕に力を込めた。

「おまえ、やっぱり……。まだ成長期だったのかよ」

日比野の身体を抱くとその大きさを実感する。
同年代の少年たちより優れた体格の持ち主だった日比野でも、やっぱり少年だったのだと思わせられる。

今の日比野は大人の男の逞しさを持って、自分を抱きしめてきて。それは、突然の変化に思えて緒方を惑わせた。




[*前へ][次へ#]

18/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!