[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
体温までの距離 8





「おまえも立派だよ」

「俺なんか……」

落胆したようにテーブルに視線を落として、ため息とともに呟く。

そんな緒方を、日比野は包容するように見つめた。

「救急車を迎えて、すぐに患者に向かう事務員なんて滅多にいない」

日比野の指摘に誘われて、緒方は視線を持ち上げた。

「患者に向かうおまえの姿勢は立派だ。職業意識と言うより、心から相手を思い遣っている。そういう優しさを、今でも持っていてくれて……嬉しかった」

迫るような強い視線にさらされて、緒方の顔が熱くなった。

「よせよ……照れくさい」

本当は嬉しかった。

ただ流されるだけの毎日で、本当にこれでいいのかと迷っていた。
自分の仕事を評価してくれるゆとりなんて、他の事務員にもありはしない。
無味乾燥な毎日に、少しだけ消沈していた緒方にとって、この日比野の言葉は何よりも嬉しく、染み入るように胸に広がった。

ふたりでいた時間は足早に過ぎる。
気付くと、その店でもう2時間も過ごしていた。

「そろそろ出るか」

日比野が上着を手にして立ち上がった。

「うん」

ふたりは、ほろ酔い加減の体を厚手のジャケットに包んで店を出た。




[*前へ][次へ#]

8/19ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!