[携帯モード] [URL送信]

Dear heart
夢の途中1





その後、東京から日比野のところに、ちょくちょくメールが入るようになっていた。

ちゃっかりアドレス交換をしていた日比野のところに、ゲレンデで撮った写真が送られてきたようで、日比野は自分と緒方が滑降するツーショットを自分の部屋に飾っている。

ともかく、ふたりとも前向きに元気で生きているらしい……と、日比野は緒方に報告してきた。

メールの中には、失恋した彼女の事に触れている内容もあったが、日比野はそれについては何も語らなかった。

初夏の祭りのシーズンに、また遊びに来ると言う。

「今日びの女は活動的だな」
と、半ば呆れていながら、また逢う約束をしたらしい。

儚い恋物語に続きがあるとは、思いもよらなかった緒方は、少しだけばつが悪い。


どんな顔で逢えばいいのか、と思う。




[次へ#]

1/2ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!