[携帯モード] [URL送信]

贈する想いは
【アレ神】触れて。【かな?】

神アレ では無くて、 アレ神 ですよ?
(●`・ω・)ゞ大丈夫!でしたらどうぞ。

**********

頭がおかしいとしか言いようがない。

普通、いや、普通という尺度は嫌いだが、この場合は仕方がない。

一般的に考えて、どう考えてもおかしいだろう?

目が腐ってなければ、頭がイカレテなければ。

そんな事が在る訳がない、思いつく筈がない。

どう考えてもおかしい。

自分がおかしくないと断言できる。

おかしいのはお前だ、アレン・ウォーカー。



いつも浮かべるその嘘臭い笑顔の仮面。

大嫌いな奴の処世術的微笑。

人当たり良く……よりも、馬鹿にしているのか?と。

自分も大概捻くれている自覚はあるが。

でも、この包み隠す事勿れな笑い顔は気に食わない。

紗で被い、御簾のような、晒されぬ本心。

それが見えないのが嫌だ。



だから、この告げられた言葉も、嘘で塗り固めた。

戯言で、なんの冗談かと。

いや、冗談を言い合える程の仲ではない。

言い表すなら犬猿なのだから。



なのに、コイツは言いやがった。

聞き間違いかと呆けた声が出た。



勘違いでも夢でもなく、リアル。

誰も頼んでないこの現実。



意味が分からない、意味が。



「……は?」

「だから、好きなんですよ。貴方が」

「……」

「聞いてます?神田が好きなんですよ、神田ユウが」

「……馬鹿、か?」

「は?何で僕が馬鹿なんですか」

少し背の低い奴を見下ろせば、上目遣いの至近距離。

つ、と、爪先立ちになると顔を寄せて来て……。



「貴方が好きです」



そう、こそり、と、囁きを耳へと滑り落とした。









「……意味が解らねぇ」



ぽつ、と、らしくない独り言が口から漏れる。

他に誰も居ない自室に、思ったより大きく聞える声。



寝転がった寝台の上で横向きに体勢を変えて壁を見る。

別に何処を見ても答えが書いてある訳ではないが。

じつ、と、壁を見詰め続ける。



確かに奴は言った。



俺が好きだと。
だから、自分を好きになって欲しいと。



好き?好きだと?

お前が俺を?

寄ると触ると嫌味の応酬、手も出る、足も出る。

下手をすれば武器も出る。



どう考えても嫌いだろ。

好きとか有り得ないだろ。

そもそもその前に。



俺も奴も野郎だろうが。



別に人の性癖に口を出すつもりも首を突っ込むつもりもないが。



それが自分を巻き込むとなると話は別だろう。



何故俺に?

同性だよな?

告白なんてするんだ?アイツは。











「そろそろ答えをくれませんか?」

「何のだよ」

「告白の答え。僕と付き合って下さい」

「……何の罰ゲームだよ、告白なんて」

「罰ゲーム?」



夕飯の為に食堂に向かう途中で拉致られて。

今は誰も居ない談話室に。

仄暗く揺れる灯りに奴の顔が照らされる。

かち、と、鍵の掛かる音がして。

一時的な閉鎖空間で。

見詰めて来るその瞳を。



静かに、見返した……。



「神田……、僕、……本気ですよ」

「……いつも似非の笑顔を振り撒いて、本心を隠すお前なんて信じられねぇよ」

「本心ですよ、今は。貴方が好きです、神田ユウ」



笑みはなりを潜め、あるのは強い眼差し。

意を決した、そんな強い光。

揺ぎ無い、真摯な、いつもとは違う表情で。



「本気ですよ、神田」



一歩、間を詰めると唇に唇を寄せた。

触れるか触れないかの、淡いキス。

甘さも何もない、唇の擦れた感触。



「好きです、神田」

「……、ぁ」

「貴方が好きです。だから、貴方を……」





『僕に下さい』





それが、奴と俺との馴れ初め。


[*前へ][次へ#]

23/32ページ

[戻る]


無料HPエムペ!