誰かに聞いた怖い話
・・・秘伝18
.
浴室には、赤味をおびた水が流れる音だけが、さらさらと聞こえていた

今度の獲物は、良い物ばかりを食べているらしく、丸々と脂がのって軟らかそうだ

俺はソイツを上から見下ろし、舌舐めずりをしながら血抜きの終わるのを、ただ黙って眺めていたんだ…





誤算は何処からともなくやって来る…

アイツは、街の金貸しから多額の金を借りていた

そして金貸しに借金の一部を返す時に、金の成る木を見つけたと自慢をしたらしいのだ

街の金貸しが、そんな巧い話を見逃す筈は無かった…

アイツは、尾行されていると気付きもせずに、俺の店に三度目の来訪をしたのだった



誤算は何処からともなくやって来る…

嬉しい誤算が…





この事件が世間に知られる事となった経緯は、男にとっては不運なものだった

アイツと金貸しの二人が、行方不明になって暫く経ったある日、店に見慣れない男が二人やって来たのである

別に何か聞かれる訳でも無かったのだが、折角注文した料理にも殆んど手を付けずに、辺りを窺っている様子だった

一見すると、冴えないサラリーマン風なのだが、何かおかしいのである

その日は偶々、息子が友達を連れて店を訪れていた

[前頁へ][次頁へ]

18/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!