[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
ランチ 3


初めて入った食堂は、まるでテレビや雑誌に出てくるような内装の綺麗な、お洒落な場所だった。



テーブルも椅子もアンティークかなぁ?

照明まで凝ってる。

有名なインテリアデザイナーに頼んだのかな?



田嶋君が食堂のシステムやメニューの場所を案内してくれることになった。



「メニューはこの場所にあるし、部屋にあるパソコンからも毎日更新されたのが見れるんや。思わぬ一品が食べれるかもしれんし、限定メニューもあるから時々チェックしたらエエで。」



僕は田嶋君をまじまじと見てしまった。
だって、関西弁で喋ってる!
今朝は標準語だったのに。



「田嶋君、関西の人だったの?」



「おっ?そうや!学園におる時は標準語で喋っとるからな。オカンが煩いねん。社会に出た時に標準語話せるようになっとかなあかんて。別にエエと思えへん?」



「そうだよね。でも今朝は全然関西の人なんて分からなかった。完璧だったよ!」



僕がそう言うと田嶋君は、はにかんだように笑った。



「ヘヘッ。領ちんにそう言われたら照れるし。」



領ちん。

ちょ、ちょっと慣れないような気がするけど、まっ、いっか。



「領ちん、食べるモン決まったらカードをこのATMみたいな機械に入れて頼むんや。大体の奴等は予約しとるから素通りやけどな。」



す、凄い!

この学園は学食で予約まで出来るんだ!

流石お金持ち学校!



「領ちん、決まったか?」



僕はメニューを見て呆然としていた。

何で学食にキャビアが・・・トリュフがあるの?



し、しかも値段も半端なく高い。



この食事を頂く学生がいるんだろうか?



「固まってるな。おーい領ちん、聞こえてるかー?」



田嶋君が僕のほっぺたをつついた。



「あっ!田嶋君。このメニュー凄過ぎるよ。食べる人いるの?」



「ワハハハ!領ちん、この学園の半分以上は金持ちやで。おるに決まっとるやんか!」



そ、そっかぁ。
そうだよね。

僕ってバカ。

えっ?

あっ!

ちょっと待って。

言われてみれば、今朝の食事って龍弥君の奢り?だよね。

僕は体から血の気が引いてきた。



どうしよう〜。

龍弥君に、年下の子に、奢らせてしまうなんてぇ〜!?



明日合わす顔がないよぉ〜。



龍弥君ごめんなさい!



明日は僕が奢らせてもらうからね!





[*前へ][次へ#]

7/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!