[携帯モード] [URL送信]

短編小説
15
春「じゃあお言葉に甘えて…今日はホントに楽しかったよ」

美「うん」

春「何より美幸とこれてよかった。なんか夢のように時が遅く感じる。何でだろう…何故か俺ドキドキしてる」


ホントは美幸が側にいるから。美幸の顔が見れるから。美幸と一緒にいられるから。でもそれは今まで許嫁としてだ。



でも…



俺は…これからは…



春「俺さ…最初はビックリしたよ。まさか自分に婚約者が出来るなんて、しかもとばっきり美人で可愛い」

美「美人だなんて」

春「まぁ性格は難があるけど…」


ビジッ


春「ずみまぜん…」

美「全く…一言多いのよ。でも、私もビックリしたわ。最初は…最初は別にお祖父様のためならと思ってた。だけど…だけど…」

春「やっぱりただ許嫁だってのが引っ掛かって邪魔している。二人はこのまま結婚したらたぶん、幸せにはなれないと思う……違うかい?」

美「春樹の言うとおり…私達…このままじゃダメになるわね。もう隠してられないもの」

春「じゃあ二人で今思ってること一緒に言おうか」



5,4,3,2,1…





『好き…愛してる』






[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!