[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
3



「ねぇ、ディーノさん」

「なんだ?」



「…コケたの、何回目?」




今日は修行も終わってからって、ディーノさんが散歩しようって言った。

しかも…



2人で。



自殺行為だよね、ディーノさんの場合。
部下…いないんだもの。
なんで連れて来なかったの…


「…5回」

嘘つくな

すみません。嘘です。10回コケました


「結局言うなら最初から嘘つくなよ。
私数えてたから知ってたんだぞ。嘘ついたらわかるんだぞ」


「妹分の前ではカッコよくしてたいんだよ」




…妹分。
…私が、妹…



ゆっくりと歩いてくれているディーノさんを見上げる。
目が合えば、頭を撫でてくれる。


優しい、お兄ちゃん…



「ディーノ、兄」



ぽつりと呟いてみる。
ディーノさんを見れば…



…満面の笑み。


「ぉっ、おう!」

「ディーノ兄…って呼んで良いの?」


「おう!!」

…ディーノ兄の方が、子供みたい。







(可愛い大人)

(静かな子供)

[*前へ][次へ#]

3/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!