[携帯モード] [URL送信]

ー青空の下でー
6









「刑事のカップケーキは



諦めなさい」








「何でですか?」








急に、宮本君の声のトーン
が下がる。







「あいつのケーキは、



甘すぎて、とても人間が
食える甘さじゃねぇんだよ」







「でも先輩は‥‥







食べたんですよね…?」








更に低い声で宮本君が
聞く。







「えっ俺?



ん、まぁ同じ班だし」








高田は呑気に答える。







「じゃぁ、大丈夫です。
俺甘党ですから」








そういうと、
右手を宮本君が私の前に
突き出した。





その瞳は、
有無を言わさない。












前*#次

7/12ページ

[戻る]


無料HPエムペ!