[携帯モード] [URL送信]

愛の歌(完)
6
途中おばあちゃんの荷物を持ってあげたりした。

こういう時に限って次々とこう面倒くさいことが起こる。

ただ今自転車でこけた。
急いで応急手当てを自分でした。顔に傷を負いながらも自転車をこぎ続ける。

そしてー…
PM7:00になったとちょうどに、大野さん家に着いた。
思ったよりも時間がかかった。息をきらしながら

ガチャッッ

急いで大野さん家のドアを開けると目の前には

ドレスやタキシードを着た人たちがウヨウヨしている。学生服の俺は浮いていたが、今はそんなのは気にしないようにして(まぁ少しは気にしているのだが)サキを探した。

しかし
サキの姿は何処を探しても見えない。トイレか…?








にしても
トイレにしては長すぎだ。
では、何処にー…





[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!