[携帯モード] [URL送信]

愛の歌(完)
2
俺たちの住んでいる『オオセト町』はここだけかなり田舎でバイクなんて一台も通ってないし、車だって珍しい。
交通はほとんど皆自転車で隣町まで行かないとハンバーガー屋まで無い。それに第一ここから隣町まで55qある。正直自転車じゃないと面倒だ。


俺たちの親はとても仲が良い。

いわゆる俺とサキは親も認める仲だ。

「でもなんでまた、ハンバーガー屋なんだよ…」
「陸、ダメなの?」
「ダメじゃないけど遠いし‥帰るの遅くなるよ…?」
「サキと長くいるの嫌なの?!」
「そんなこたぁないよ。俺だってサキと長くいたいよ」
「じゃぁ、良いじゃない」
「…‥嘘つけ。そんな理由じゃぁねーだろ?」
「ヴ…」
「言えよ」
「……」
「サキ!!!」
「‥…っ‥はぁ…実はね‥」
「おう。」


「私、来週から大野さん家に行くの」

ガタガタガタッッ

あまりにサキが変なことを言い出すので俺は自転車で転げおちた。(もちろん後ろに乗ってたサキも‥)

「なっッ大野って…あの金持ちの…?!」
「うん」
「なして?!」
「……」
「サキ!!!!」





[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!