[携帯モード] [URL送信]

(´Д`)ノ小説
セトシン

だから…電車なんか乗るんじゃなかった…っ

今、自分の前には人、人、人。
しかもガタゴト揺れてなんか気持ち悪いし…。

自宅警備員がいていい場所じゃないみたいだ。

「大丈夫ッスか?シンタローさん」

あぁ、大丈夫だ。問題ない。だがめっちゃ座りたい。座りたい!!

「返事がない…まるで屍のようだ」

どんだけ酷いんだ、俺の顔!!

はぁ、とため息をつくと、尻になにかが触れた。

触れた?触れてるなう?


……痴漢っ!?


あ、どうせ悪戯だろ。つか俺がきゃー痴漢!!!とか言ってもキモイだけだし、そのうちこいつも飽きるだろ。…つかなげぇー。いつまで触ってるつもりだ!






…長い。


やばい気持ち悪い

「どうしたんスか!? 顔色悪いッスよ??」

「あ…。大丈夫…だから…」

ガタンガタン…ギギーッ

「……ヒッ…!!」


不覚。声に出してしまった

周りには聞こえてないみたいだけど

セトには…聞こえたな。

「シンタローさん?」

「セト…。ちょっと…たす…けて…その…痴漢…なう…」

その瞬間、ぐいっとうでを引っ張られ壁ドン状態になった



かあああと顔が赤くなるのがわかる。


「もう大丈夫ッス!」






いや、これは痴漢よりやばい






[*前へ][次へ#]

2/8ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!