[携帯モード] [URL送信]

ss

「愛してる」

「なんつー恥ずかしいこ

とを」

普通に言えてしまうこの

人はすごい。

「だってよ、言葉にしな

きゃわかんねーだろ」

そんなの、こうすれば簡

単に伝わるのになぁと思

いながら元希さんの腕の

中に入り込んだ。

「どきどきいってる」

こんなにも人が生きてい

ることに感謝したことは

ない。元希さんがいない

世界なんて考えられない

な、と想像するだけで不

安になるのでとりあえず

もっと抱きついた。

「俺、隆也がいなきゃ生

きてけね」

本当、これはもう離れら

れない。



END

[PREV][NEXT]

2/12ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!