願いと想い  8
















ザァァ………────






佐助の心のように、空は暗く、大粒の涙を落とし続ける。









「10年間………お前は死んだのだと思ったまま、ずっと後悔していたんだ………」



佐助は顔を隠したままなので、表情は分からない。




「…………ムショを出てお前の墓のことを聞いたら、大将が教えてくれたよ………」

「……………」

「お前は…………生きてるって………」




気のせいだろうか。

佐助の声は震えていた。




「こんな………嬉しいことはなかったよ………」





真っ暗な世界に射し込んだ一筋の光り────






「なのに何故……………」




佐助の切な想いは政宗にも苦しいほど伝わった。





「………佐助さん………」



だが、それを受け止めるゆとりがないくらいに、政宗も苦しんでいたのだ。






「何とも思ってないって…………どういうことだ?」

「…………」

「俺はこの15年間、お前を忘れたことなんて一日もないぞ………」



佐助の声は低く、強い気持ちが籠もっている。





「お前だって、腹の傷痕を見れば嫌でも俺を思い出すだろう?」

「……………」

「背負いもんだって俺が柄を決めて彫らせた竜だぞ?………」




腹の傷痕が疼く………




「…………お前の身体には消えることのない俺の跡が付いているのに、何で…………ッ」

「ッ!?」




佐助はカバッと立ち上がり、政宗の腕を掴んだ。





「せめて…………俺のことを恨んでくれ………無関心ほどの苦痛はない………」




佐助は心の中を絞りだすように、想いを吐き出した。




「政宗………ッ!何故?今こうして俺の前にいるのに………何故俺を拒むんだ」

「佐助さん…………」




悲痛な叫びに政宗も泣きそうになる。





「痛ッ」

「…………来い…………俺のことを忘れているというなら思い出させてやる………」

「佐助さん!?」




佐助は政宗の腕を掴んだままカウンターをぐるりと回り込み、店の奥へと引っ張った。





「………男相手じゃなきゃ満足出来ないよう、その身体に仕込んだのも俺だ………」

「や………だ」

「…………来い」

「──────ッ」




政宗は、暖かみを感じない佐助の視線を恐怖に感じた。










『二度と失いたくない』






想いは同じなのに、

すれ違う意見。




失いたくないから………

得ようとする佐助



失いたくないから………

無いものとする政宗





すれ違う意見は互いを苦しめた………












.

[*前へ][次へ#]

8/17ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!