[携帯モード] [URL送信]

短編集(夢主登場有)
夏といえば‥?(カルナイ)
嶺「8月だね!夏といえば?」


蘭「アイス。」


カ「暑くてやってられん。」


藍「挙げればキリがないよね。」


嶺「あーもう‥。みんなバラバラなんだからぁ。夏といえばやっぱり!」


バーーーーーーン。ガッシャーン。


嶺「え?」


蘭・カ「‥‥‥。」


藍「何やってるの?」


『いったぁ‥。たんこぶできたかも。』


藍「その程度じゃたんこぶなんてできないよ。」


嶺「何でそんなにアクロバティックに入ってきたの?ドア開けて一回転してから壁に激突してたよ?」


『いやぁ別に、アクロバティックに入るつもりは無かったんだけどね、慌ててたらこうなった。』


カ「慌てたからといって一回転するやつがいるとは‥。」


蘭「で?何慌ててたんだ?」


『見て!あたしのデビューCD!!!』


カ「ふん。まあ、見ていられるだけマシだろう。」


嶺「ジャケットかっこいいねー。」


『でしょー?いい感じに仕上がった!』


藍「おめでとう。正式に所属になるね。」


『ありがとう!いやー、やっぱ、みんなに早く見せたくてさ。』


蘭「それであの入り方だったのか。」


『もーいいかげん忘れてよ。みんなありがとうね!みんなに沢山相談にのってもらってこのCDはできたようなものだし。』


藍「ボクらは何もしてないよ?ただ話をきいただけ。CDができたのは自分の努力の結果でしょ?」


嶺「アイアイってばいいこと言うねぇー。」


藍「レイジうるさい。」


嶺「よし!じゃゆーたんのお祝い兼ねて海に行こー!」


蘭「そこ、普通、飯じゃね?」


藍「じゃバーベキューする?」


カ「スイーツも必須だぞ。」


『楽しそう!』




☆後日談☆


嶺「なんでゆーたんきたら団結するのみんな。」


蘭「いつもと変わんねーだろ。」


藍「ランマルもカミュも優姫には優しいよね。」


カ「美風もな。」


藍「レイジ、はじめからボクたちと海に行くつもりだったんでしょ?」


嶺「まぁねー。ゆーたんのお陰であっさり決まったし。結果オーライ!」





[次へ#]

1/3ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!