[携帯モード] [URL送信]

三部作登場人物一覧
彼等は反逆し得るか?
平川 昭彦                    ……日本政府の戦闘要員。事故で王国に転回された。

ジャック・ピーテル-ギュスターヴ・バニング……CWFオール山地研究所管理人、長く一人で暮らす。一応CWFの一員ではあるがCWFについては殆ど知らない。

クロード・ピーク                 ……CWFネーズル部署所属。マットやセオドール達よりは上層部に近いらしい。

マット・ウィスパー                ……CWFネーズル部署所属。何を考えているのかは誰にも分からない。担当地はソロント。

セオドール・ワルター              ……CWFネーズル部署所属。大陸中を旅し、その著書に長年の研究をまとめた『北大陸の地理』がある。バニングからはテッドと呼ばれる。

キース                     ……CWFネーズル部署所属。


ナニウォス・ヒデオユ              ……サンドリケイシス人オヌト氏族ユヴュルク家の三男。ゲヌズに選ばれる。

ドラム・ベンデレ                 ……オヌト氏族首長。比較的小柄でいつも軽装。ゲヌズについて記録を取られることに小さな戸惑いを感じている。

キテウク                      ……オヌト氏族の祭祀係。冷静に事を取り仕切る。

ケルトフ                      ……ユヴュルク家の当主であり、ナニウォスの父親。酒好き。

ミルテン                      ……オヌト氏族ユヴュルク家の家畜管理人。大柄な男。

ミエルク                      ……ユヴュルク家の長男、記録者。一年振りに故郷であるディルツ=シュプルグムント・マイヘンの村に戻ってくる。

ディエツカ                     ……オヌト氏族家畜管理人。

ワスロル                      ……オヌト氏族の長老。神暦一〇〇八年十一月死去。

ギルナ・ウベリク                   ……ユヴュルク家の次男。王室のあるオースにいる。

カウセン                      ……ユヴュルク家の隣に住んでいる一家の長男。クラヴン家の娘と結婚する事になった。

ヴァレッミ                      ……オヌト氏族。クラヴン家の主人がハラング四頭を欲しがっているが、なかなか手放そうとしない。ディエツカと血縁関係にあり、家畜の世話を任せている。

ガイレク                      ……オヌト氏族の祭祀係。顔がいかつい。

ヴォタニェン                    ……レービス人。フェル=ノルドという村に住む。

フラデリグ                     ……レービス人。フェル=ノルドという村に住む。

カラッコズーフ・アリーグズ             ……ネーズル国王暗殺実行班の一人。学生。ナニウォスを誘う。

ディヴァン・ゲルディ                ……エルス城の衛兵。

フェデ                     ……ネーズル国王暗殺実行班の一人。

エルデン                    ……ネーズル国王暗殺実行班の一人。馬車に轢かれて命を落とす。

ディグワリー                  ……ネーズル国王を暗殺しようと目論むグループの一人。

ラデル                     ……ネーズル国王暗殺実行班の一人。

ハクス                     ……エルス城の衛兵。

エルセワ                    ……エルス城の衛兵。


オドグ・ファス                    ……ネーズル王室直属外部対応部ノメール方面担当第一外交官。解雇され、ソーロンにいる叔父ベルデの所へ向かう。

ギズ・リグゾ                    ……ネーズル王室直属外部対応部長官。オドグの上司。雄牛に喩えられる。

ズヘニグ                      ……ギズの部下、第七事務補佐官。

ナラヴ・ケル                     ……ネーズル王室直属国内問題対応部職員。オドグの友人。

ベルデ・ファス                   ……オドグの叔父。自称ソーロンの事業家、ソーロンでデルマスィンらと新聞組合を創立する。

デルマスィン                    ……資金面に於いてベルデに協力する。

デマノス=ファラット                ……ボレイゲンで初めて新聞組合を作る。

イェイレル・ネセトウァー・テレクセリ     ……記録者の一人。ベルデらの組合に協力の姿勢を見せる。レストロイジン出身。

ペスクト・チェラルブホコフ           ……ネーズル王室直属外部対応部ノメール方面担当第二外交官だったが、オドグの後任として第一外交官に昇格した。


フォルザイル・メルデ・ワテリア          ……灯台の見張り。

ギャムディ・ジャグ                ……ギャムディ亭の主で、フォルザイルの遠い親戚。太り気味。

ジルカ・デルテウ・カムエン             ……灯台の見張り。

あの男                       ……いつも地下の酒場の端から四番目の席に座っている。

マルネッへ・ファラム              ……灯台の見張り。一人だけ少し若い。

ルクフォーア・ラウル              ……灯台の見張り。フォルザイルに対しては肯定的である。

リブレス・ネルデウ               ……灯台の見張り。

マラート・アウルズ               ……灯台の見張り。ジェネラル・ポーンに強い。

シスシャ・リフヴァン              ……灯台の見張り。

ケウェレグ・サフヴァン             ……灯台の見張り。

グリオルト・サン                ……灯台の見張り。

イールドク・セルマ               ……灯台の見張り。

ジャック・パイクスタッフ            ……トスキール公国の陸軍副将軍。


エンデルグ・ミエソ                ……ボロカニルトム出身、ネーズル王国の科学の発展に寄与した。死去。


ピメーネル                    ……『グレニス・トゥロ』の挿話〈ヒメネーメネル〉の登場人物。

ビネーメル                    ……『グレニス・トゥロ』の挿話〈ヒメネーメネル〉の登場人物。

[次の作品へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!