[携帯モード] [URL送信]

SPIRIT OF MASTER
†††


 


薄れ消えた姿に、伯爵が呟く。


「二人の想いが、同じで良かった…」


伯爵の手の中に、月の光を弾く月虹石。

二人の、『同じ願い』を叶える石。


さわり、と風が花々を揺らして吹き抜けた。








穏やかな漆黒に佇む館。

薄藤色の湯気が、広い室内に漂う。

伯爵は白い指先で、ティーカップを傾けた。


「では、既に亡くなった方だったのですか?」


傍らに立つ執事が尋ねる。


「ああ。彼らは人だった者だね。」


おそらく、出会い、恋に落ち、人生の苦楽を共に、天寿を全うするまで寄り添った男女。


「先に亡くした奥方を偲ぶあまり、迷い込んでしまったみたいだ。」


星鈴蘭。君を偲ぶ花。

その群生する場所に。


「ああ、シャ・リオン。これをまた、しまっておいてくれないかな?」

「はい。」


手の平に乗せた月虹石を。

伯爵は愛しげに見つめた。




Fin







[BACK]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!