[携帯モード] [URL送信]

【銀魂3Z】銀魂高校生達のどうでもいい日常 ギャグ〜2年〜
ご無沙汰でーすw
貴「はいはい、ご無沙汰ご無沙汰。楽しかったか?放置してんのは!!!」

高「放置されすぎて不安定になってるぞ。」

貴「あのさぁ、俺もそろそろ『久しぶり☆』『放置しすぎだろ!!』のくだり飽きたわけだよ。もういいんじゃない?そのくだり!!」

威「ついに頂点!!!も更新ストップしたよネ。」

沖「出番0になりやしたね」

貴「ほんとさぁ、忙しいのはわかるよ?だからって放置しすぎだろーが!!You○ubeとかニ○ニコとかpi○ivとか見てるじゃん!?なら、更新しに来れるよね!?ねぇ!?」

土「うるせぇな」

貴「もうさ、飽きたのはわかるよ?ネタないし、季節ネタも限りがあるし…でもさ……」

土「おいおい、ネガティブモードになっちまったぞ。」

威「めんどくさいやつネ。」

貴「どーせ、お前らも楽しかったんだろ…放置期間なら俺に合わなくて済むもんな…」

沖「どうすんでィ、本格的に情緒不安定ですぜィ。」

高「ほっとくしかねぇだろ、どうにもできねぇし」

貴「お前らまた俺をほっとくのか!?これ以上俺をほっといたら……ほっといたら、あれだぞ!?いいのか!?」

高「どれだよ!」

貴「あ、あれだよ…世界滅亡…的なあれだよ!」

土「世界滅亡的ってなんだよ!」

貴「お、俺の世界が…滅亡する!」

土「知るかァァァ!!」

貴「残忍なやつだな、土方くんはぁ〜…!!」

沖「ひでぇなぁー、土方くーん…!」

威「マヨいなー、土方クーン」

土「こいつらうぜぇんだけど!!つか、マヨいってなんだ!?」

貴「あーぁ、どうせまた放置されてひとりぼっちの日々過ごすんだろうなぁ…。」

高「一人ぼっちってお前、放置期間だって学校あるし普通に会ってんじゃねぇか。」

貴「…………((ハッ!……そうだった。」

土「お前馬鹿だろ。」

貴「じゃあ別に放置でもいいかー」

高「いや、それはダメだろ」

貴「まぁ、更新は遅いですけど、頑張るので見捨てないでください」

威「それ作者の言葉だよネ」

貴「お詫びの言葉を書いた紙もらったから代弁してやってんだよ。……今、時期的にすごく忙しいので更新は中々できないですが、飽きたわけでも忘れてるわけでもないんですよ!?いいわけではなく!…なのでひろーい心でお待ちください…だってよ。」

威「言い訳がましいネ」

貴「まぁ、そういうことなんでこれからもよろしくでぇーす!!」



[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!