【リク】しょうじんちF*
ふとしょうじの股間を見る。
あれ?しょうじのちんこってこんなにでかかったっけ…
そういえばおれのも…いままででいちばんでかい気がする。
ぱんぱんに腫れた肉棒が二本屹立して…だめだ、興奮しすぎて意味わからん。

つぷんっ

「うひゃあっ」

まだ括約筋が弛緩してひくひくしてた尻穴に、指を突っ込まれた。
そしておれが脱力してるのをいいことに、有無を言わせず腰を持ち上げられる。
気がつくとさっきと同じように四つん這いにされていた。

ボタッ

「ひっ」

しょうじが起き上がったので、腹に乗っていたうんこがおれの背中に落ちてくる。
もったりとした重みにぞわぞわと鳥肌が立つ。

「あな、開きっぱなしだぞ。中が赤いの丸見え」

「あ、もう、うるさいっ」

しょうじのいじわる!
お前だってこんなことされたらこんなんなるだろ。
空っぽになって寂しいケツに、熱いものを詰めてほしくなったり、とか。

「なあ、いれろよ、」

「え?」

「だからいれろって」

「なに」

「あーもうちんちん入れてくださいっ」

「…ああ、これ?」

ヅプ…

「くうっ、」

歓喜に肌が粟立つ。

ぬぷぷぷぷ…

内臓がぐわっとせり上がってくるような感覚。
あの質量がおれの中に入ってきてるんだよな、まじで。

「ああっ、でけえ、よ…クソ…」

「でもすんなり入ってくぞ。お前の尻もがばがばなんじゃねえの」

酷い言われようだ。

「なん、だよ。しょうじって実はSなの?いつもおれにいじめられてよがってるからMだと思ってたのに…」

「さあ?どっちでもいいじゃん。今日はゆうたがそんな反応するからいじめたくなっただけ。」

「そんな反応ってなんだよ…もう、やだこい…うああんっ」

ズッズッ!

人がしゃべってる途中なのに突き上げてきた。
強烈な快感に脳が霞む。
もうこうなっちゃったら主導権はあっちってこと?

「うるさい。ごちゃごちゃ言ってんなっ、んっ」

「あっ、あっ、あ、あぅ、あ、」

なんだこの充足感。
下半身が熱くて、でも切なくて、突かれるたびに涙が出る。
無茶苦茶にかき回されて、苦しいのにもっと欲しい。
きもちいい。
いきたい。
いつの間にか勝手に手がちんこを扱いていた。

「ぅんっ、いく、いくっ、ちんこ、しりっ、あう、あん」

「んっ、んふ、んっ」

しょうじもはじめてのケツマンに必死らしく、切羽詰まった声しか返ってこない。

「はぁ、あ、あ、ああぁっ」

ビュクビュクビュクッ

先に俺が射精した。
尾を引くような長い絶頂感。
しょうじの動きはラストとばかりにさらに速くなるから、敏感な身体には感じすぎてしんどいくらいだ。

「んっあ、でる、でっ…、ああっ」

動きが止まった。
じわーっと直腸に液体が流れ込んでくる感触。
思わず身震いする。

「はあ……、はあ……、はあ…、」

ふたりの深呼吸の音が重なる。


[<<前*][#次>>]

59/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!