たのしい尿検査B*
液体に触ったら反射的に、忘れかけていた尿意が蘇ってきた。
ちんこがきゅーんと切なくて、膝をすり合わせる。
強烈な尿意に気を取られて、身体が固まってしまった。
熱い液体が肌を撫でながら流れ落ちていく。

「しょうちゃん、濡れてるよ」

「う、うん」

返事も上の空になってしまう。
おれの異変にゆうたも気づいたようだ。

「なんかもじもじしてない?おしっこ?」

「ん…ちょっとやばめ」

「ええっ」

焦りだしたけど、ゆうたの放尿が終わるまでは動きようがない。
まだ続いてるなんて、信じられない。溜めすぎ。

「ごめんね、急いで出しちゃうから、ふんっ」

ゆうたは声を出して膀胱の筋肉を収縮させた。
途端におしっこの勢いが増す。

ブシャシャッ!ジョバッ!

それで最後まで絞り出したらしい。
ゆうたはちんこをしまう間もなく、おれの手から満タンのコップを奪いながら言う。

「ほら早くズボン脱いで!しょうじのコップどこ?あ、これか、持ってるから、ほら」

おせっかいなくらい心配してくれて内心笑えた。
とにかくせかされるままズボンとパンツをまとめて下ろした。
ちんこを便器に向け、我慢に我慢を重ねた尿道括約筋を一気に解放する。

「んっ」

ジャアアアアアアアアアア…

便器の水面を打つ音が異様に大きい。

「はああぁ…ん」

あまりの快感に恥も忘れて甘い声が出てしまう。
目を閉じてただひたすら解放感を味わう。
腰が抜けそうだ。

「わーすげー勢い。これどのへんから採ればいいの?このくらい?よっ、と」

ゆうたは黄色い放物線上に新しいコップの口をかざした。
今度は水音が紙の底を打つ音に変わる。

タタタタタタ…

紙コップなんて、普段は飲み物を入れるものなのに、
そんなとこにおしっこしちゃって…

「わあ、あったかいね、しょうちゃんのおしっこ」

さっきおれが思ったのと同じこと言ってる。
そっか、おれのもあったかいんだ。
黄色くて、いっぱいジョボジョボ出てて、こんなに気持ちいい…
ってことは、ゆうたもさっき気持ちよかったんだよな。
んでいま、おれの放尿を目の前で見て、むらむらしてくれてんのかな。

「ゆうた…」

「ん、なに?」

「きもちい…」

熱い息を吐きながら告げる。
ゆうたは一瞬ぽかんとした後、目を細めて口角を上げた。

「かーわいい、しょうちゃん」

「ぁ、うそつけ…」

こんな、人前で思いっきりはしたなく放尿する奴が、かわいいわけないだろう。
ゆうたの感覚はおかしいんじゃないか。

「えへ、でも、かわいいって言われてうれしいでしょ」

「ぁ…」

それは…そのとおりだ。
こんな変なおれでもかわいいって思ってくれるゆうたが、
ゆうたのことが、おれも…

[<<前*][#次>>]

43/64ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!