M字開脚でクリトリス責め(裏夢小説/官能小説/エロ小説)
軽くイきながらのけぞらせる


『今日はよく見えるように部屋を明るくするからね』

ベッドで抱き合うと、セーラー服の上から優しく撫で回してきます。

髪や背中を撫でられ、気持ち良くなってリラックスしてきました。

そのうち、スカートの中にそっと手を入れ、お尻を撫で始めました。

どうも、スカートに手を入れている自分の眺めに興奮しているみたいです。

時々、セーラー服の上から胸を撫でたりします。

揉むのではなく撫でるだけです。

『あん・・・』

だんだん感じてきました。

起き上がり、美穂のセーラー服をきちんと直して、乱れのないよう仰向けに横たわらせました。

『可愛いねえ・・・すぐに犯すのはもったいない』

スカートに手を入れ、太ももをさわります。

『美穂ちゃん、初めて男にイかされちゃったのはいつどんなふうに?』

『え・・・いつかなあ・・・指で・・・』

『指で?』

『こすられて・・・』

『クリトリスをこすられて、イかされたのかな?』

『うん・・・』

痴漢のようにスカートの中に手を入れてきます。

それからスカートの前を少しだけめくり上げ、パンティがちょっとだけ見えるようにしました。

美穂は白くて薄い生地のパンティーをぴったりとはいています。

パイパンなので、指でなぞるとエッチな割れ目がくっきり出てしまいました。

セーラー服の上着を胸までたくし上げ、白いブラジャーを上にずらして、おっぱいの下半分を露出させます。

『はみ出たおっぱいがぷりぷりしてるな』

『いやん』

明るめの部屋の中、左右の乳首を同時につままれていじられ、あっという間に赤くふくらんでしまいました。

『すごく固くなった』

『あっ・・・だめ・・・あっあん・・・』

美穂は両手を後ろで縛られたくなって、仰向けで寝たまま両手をお尻の下に入れました。

後ろ手に縛られて乳房を張り出すような感じになります。

張った乳首に指を軽く乗せて、優しくころがすように愛撫されました。
時々、唇で乳首をチュッと吸い上げ、舌でとがりの先をくすぐられます。

気持ち良すぎて腰をクネクネさせながら、下半身がじわじわと熱くなってくるのがわかりました。

『あっあっあっ!』

軽くイきながらのけぞらせます。

[次へ#]
[戻る]