変態先生|裏夢小説|官能小説|エロ小説
思い切りぶち込んで



先生は自分のズボンをパンツごとずり下ろし、ルミの足を開かせると、大きくそそり立つあれをを思い切りぶち込んできました。


「あっ!ああっ…あんっ」


圧迫感と異物感が襲ってきましたが、濡れてぬるぬるのそこは先生をどんどんくわえ込みます。


「んっ」


身動ぎすると先生のが締まったみたいで、先生も苦しそうな顔をしました。


「今のすげえいい、もう一回」


「んあっ、」


「すっげえ…まりん中…ぐちょぐちょ、熱ぃ。」


ゆっくり腰を動かしながら先生が恍惚とした表情を浮かべて呟きました。


「あ…あんっ。ひゃん…ああっ」


乳首をこね回され、身体を動かして喘ぐと先生の目の色が変わりました。


「本当にやらしい女だな、誘ってごめんなさいって言え!」


「あっ、あんっ!誘ってごめんなさいっ…!」


「狭い、すげえ狭い、いい、すげえいい、足、もっと広げろ」


ルミの足をぐいっとさらに広げて上から見下ろしてくる先生は、いつもと雰囲気や顔つきが全く違い知らない人みたいです。


「ちゃんと声聞かせろ」


「あん…あんっ…あんっ」


声なんて出したくないのに、突き上げられるたびに自然に、口から甘くて自分じゃないみたいな声が出てしまいます。


体重がのしかかり、先生の身体に押さえ込まれて身動きできません。



「俺のチンコどう?気持ち良い?」


息も荒く、興奮気味に腰を打ち付け、鎖骨や首を舐め回しながら忙しなく聞いて来る先生。


どんどん知らない男になってきます。


混乱した思考がさらに脳を痺れさせます。


でもこれ以上先生を興奮させてはいけないと頭のどこかが危険信号を鳴らします。


でも気持ちとは関係なく、身体が燃え上がり突き上げられるたびに脳が気持ち良くていうことをききません。


「あんっ、あんっ、ゾクゾクする」


先生のが子宮の入り口に『ずるんっ』と押し入り、何度も身体の奥を突き上げ体内をかき乱す。


「あんっ!あんっ!!壊れちゃう!そんなにしたら壊れちゃう!!」


「壊してやるよ!まりの身体めちゃくちゃにしてやるよ!!」


先生の激しいピストンについていけず、なんとか逃れようと身体を起こす。


先生に身体を抱き締められてシーツに押しつけられてしまう。


頭が熱くなり訴えると、先生に腰をぐいっと持たれてパンパン!と何度も腰を打ち付けられ、次の瞬間何も分からなくなりました。


「あんっ、あんっ、先生、いっちゃう!いくうっ!!」

[*前へ]
[戻る]


無料HPエムペ!