[携帯モード] [URL送信]

素直なアマノジャク【連載中】
「星野 千晴さん。好きです。」

突然、男嫌いのあたしにそう言ってきたのは。
整った顔立ちでかわいい笑顔の、
名前も知らない男の子。

「っ…ちいちゃん…!どこにいる!?」
「あたしのこと、好きなら、そば、に、いてよ…っ。」




■小説■
素直なアマノジャク

[戻る]


よければレビューもよろしくお願いします(*'-')



レビュー(1件)

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!